ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Fire TVは非対応アプリでも利用できるのが魅力

Amazonのメディアストリーミング端末「FireTV」。レビュー数はコンパクトタイプの「FireTV Stick」を合わせると1万を超え、評価は4.3をマーク。年2回発表されるAmazonランキングでは、テレビ・レコーダー部門の首位を独占し続けています。Fire TVがロングセラーを続ける3つの秘密を見ていきましょう。


スポンサーリンク
Fire TVは非対応アプリでも利用できるのが魅力

Fire TVでスマートテレビになる

Fire TVの魅力は、自宅テレビがスマートテレビになること。チャンネルを回すような感覚で、NetflixやYouTubeを大画面で見られるのは思いのほか便利です。音声認識リモコンの使い勝手が良く、操作性はバツグン。それでいて価格は1万円以下ですから、文句なしのプロダクトといえるでしょう。

Fire TVがロングセラーを続ける1つめの秘密は、使い勝手が良く完成度が高いこと。あらゆる動画サービスに対応し、ブラウザやゲームも楽しめます。

分かりやすいメニュー画面や安定した動作など、メディアストリーミング端末としての完成度はピカイチ。Googleの「Chromecast」はスマホが必須ですが、Fire TVはリモコン操作で家電ライクに使えるのも大きな特徴です。

Fire TVは非対応アプリが利用可能

Fire TVがロングセラーを続ける2つめの秘密は、プライム会員なら追加料金無しで存分に楽しめること。プライム会員なら追加料金無しでプライム・ビデオが利用でき、映画やアニメが見放題になります。

また、プライム会員なら100万曲が聞き放題になる音楽サービスが「Prime Music」。Fire TVで利用すれば、テレビが音楽プレーヤーにもなるのです。

Fire TVがロングセラーを続ける3つめの秘密は、Googleアプリを強制インストールできること。Androidユーザーなら「Apps2Fire」でスマホ内のアプリをFire TVに転送・インストールできます。「TVer」や「ネットもテレ東」など、非対応アプリが利用可能になるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事