ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazon偽サイトの見分け方!公式とのURLの違いは?

偽サイトといえば中華系ECサイトが有名ですが、最近はAmazonなどの有名ECサイトそっくりのデザインで、IDやパスワードといった個人情報を奪う偽サイトがトレンドです。Amazon偽サイトに間違って個人情報を入力したら取り返しがつきません。そこで、Amazon偽サイトの見分け方を紹介しましょう。Amazon偽サイトの見分け方は、公式サイトとのURLの違いになります。


Amazon偽サイトの見分け方!公式とのURLの違いは?

Amazon偽サイトの見分け方は公式と違うURL

偽サイトは現在、Amazonなどの有名ECサイトそっくりのフレームを作り、認証確認を促すかたちでIDやパスワードといった個人情報を奪うというものがトレンド。Amazon偽サイトの見分け方を知らないと、財産を脅かされる可能性があるのです。

Amazon偽サイトの見分け方は公式サイトと微妙に違っているURLにあります。Amazon偽サイトはURLが「https」になっていなかったり、「amazon-co-jp」といったように「co.jp」になっていなかったり…。Amazon偽サイトの見分け方はURLを注意深く確認することにあります。

なお、このほかにもAmazon偽サイトではありませんが、ドメインの「google」に、ラテン語文字の「G」を使った偽サイトが報告されています。その偽サイトではドメインURLの最初の「g」にラテン文字の「G」が使われていました。

Amazon偽サイトのURL以外の見分け方

Amazon偽サイトの見分け方は、常に知識を更新し、偽サイトの特徴を把握しておくことにあります。Amazon偽サイトにダマされないためのURL以外の見分け方は次の通りです。

まずAmazon偽サイトの見分け方では、検索エンジンや広告枠からのURLリンクを安易に踏まないようにします。そして、知名度の低いECサイトを初めて利用する際は評判を確認することも大切です。クチコミやレビュー評価のコメントが浅い場合はとくにAmazon偽サイトに注意しましょう。

Amazon偽サイトの見分け方では情報入力ページのURLが「https」になっているかのチェックも大切です。合わせて、Amazon偽サイトの見分け方では情報入力ページのアドレスバーにカギマークがかかっているかも確認します。国内発送なのに外国人名義だったり海外の銀行だったりと、振込先の口座が不信でないかもAmazon偽サイトの見分け方では確認しましょう。


Amazon偽サイトは撒き餌で誘う手法

Amazon偽サイトと同様の手口でIDとパスワードを盗み出す手口が「フィッシング詐欺メール」。フィッシングの語源は「釣り」で、獲物は「金」や「情報」です。そんなフィッシング詐欺の代表例が「Apple IDがロック」のメールになります。

Amazon偽サイトは、漁法的には大量に餌を撒いて食いつきを誘う「撒き餌」のようなイメージ。対してフィッシング詐欺は、より「1本釣り」に近い漁法といえるでしょう。

そんなフィッシング詐欺の代表例が「Apple IDがロック」のメール。まずは「24時間以内に対応しないと、アカウントがロックされる」という文言で焦らせるのが常套手段です。精神的な動揺で判断が鈍り、「ログインID」と「パスワード」を入力した時点でアウト。まさにAmazon偽サイトの手口と同じです。「いつでも第三者が自分のApple IDにログインできてしまう状態になってしまいます。

Amazon偽サイトがフィッシングで増加中

フィッシング詐欺メールで最近、とくに増えているのがAmazon偽サイトへ誘導するパターンです。「あなたのAmazonアカウントは停止されました」などと書かれた、Amazon偽サイトへ誘導する偽物メールです。「お客様のアカウントは盗難のリスクがあります」という注意書きとともに、他人の注文メールを送り付けてくるAmazon偽サイトのパターンもあります。

ここでメールを真に受けて「アカウントを確認する」「注文の詳細を見る」などのボタンをクリックすると、Amazon偽サイトへ誘導されるというわけ。Amazonの偽サイトで偽物のログイン画面が表示されて、そこに入れたAmazonのIDとパスワードが盗まれるのです。

セキュリティソフトやプロバイダー提供のセキュリティメール機能を使うことで、Amazon偽サイトのフィッシング詐欺メールはある程度ブロックできます。とはいえ、世界中にフィッシングメールがあふれていることもあり、セキュリティ機能をすり抜けてAmazon偽サイトのメールが届いてしまうことも少なくありません。


Amazon偽サイトに誘導されない見分け方

しかし、Amazonに限れば、本当にAmazonが送ったメールかAmazon偽サイトに誘導されるフィッシング詐欺メールかを簡単な見分け方が用意されています。Amazon偽サイトに誘導されない見分け方は、Amazonの「アカウントサービス」内にある「メッセージセンター」をチェックすることです。

Amazonにログインしたうえでメッセージセンターを開くと、過去13ヶ月間にAmazonから送られたメールがすべてリストアップされています。そのため、ここに表示されないAmazon発と思われるメールが届いた場合、Amazonではない別人が送ったAmazon偽サイトに誘導されるメールだと判断できるのです。

また、Amazonへ本当に商品を注文したのに連絡がないといった場合もメッセージセンターを確認すれば、注文の有無や配送状況などをチェック可能。Amazonから届いた商品に対して入れたクレームへの対応状況も、メッセージセンターへ残されています。

■「Amazon」おすすめ記事
Amazonの定期便は1回限りでも10%オフになる
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
Amazonギフト券の使い方でTポイントを現金化
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
Amazonプライム会員になるべき15の理由とは?

■「詐欺サイト」おすすめ記事
詐欺サイトに騙されない5つのチェックポイント
フィッシング詐欺サイトにあえてログインしたら
フィッシング詐欺の手口を知っておいて損はない

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事