ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホのIPアドレス偽装で海外のNetflixを視聴

一部の動画配信サービスではエリアごとにコンテンツの視聴制限を設けています。これにより、日本では海外限定作品が視聴できないのですが、VPNを利用してアクセス元を偽装すれば、この制限を突破できてしまうのです。ここではスマホ用VPNアプリを使って、海外Netflixの視聴を検証してみました。


スマホのIPアドレス偽装で海外のNetflixを視聴

IPアドレス偽装に2つのアプリが連動

「VPN Gate Viewer」は、無料で使えるVPNサーバを一覧表示するアプリ。日本国内だけでなく、アジア各国やアメリカも対象にしています。そして「OpenVPN Connect」はVPNサーバに接続するためのサポートアプリ。いずれもApp Store、Google Playで無料で入手可能です。

OpenVPN Connectは、VPN Gate Viewerと連動して使えます。この2つのアプリをスマホにインストールしたら、IPアドレス偽装の準備は完了です。

まずはVPN Gate Viewerを起動して、画面をスクロール。偽装したい国のVPNサーバを探します。そして、接続するVPNサーバを選択。「~へ接続する」をタップするのです。

Netflixアプリに海外のメニュー表示

すると、連動してOpenVPN Connectが起動。自動でサーバ情報がセットされるので、画面右上にある「ADD」をタップします。接続するサーバのプロフィール画面が表示されたら、接続スイッチ部分をタップ。「CONNECTED」と表示されれば接続成功です。

この状態で、Netflixアプリを起動してメニューを確認。メニューを見ていくと、偽装した国名(シンガポール)が表示されているはずです。こうして海外のNetflixにアクセスできました。

さっそく、日本からは視聴できない海外限定作品を選んでみます。すると、フツーに視聴することができたのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事