ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Microsoft Defenderでウイルス感染を防ぐ設定

ウイルス感染による個人情報流出に加え、マルウェアやフィッシング詐欺による被害など、現実世界以上に対策が必要なのがネット空間です。このご時世、セキュリティソフトを導入せずにPCを使うのは自殺行為です。Windowsユーザーは、迷わずWindows標準搭載の「Microsoft Defender」を活用すべきでしょう。


Microsoft Defenderでウイルス感染を防ぐ設定

Microsoft Defenderのウイルス設定

Windows標準のセキュリティ機能として搭載されているのが「Microsoft Defender」。アップデートが随時提供されているので、フツーに使う分にはこれだけでOK。最新状態を保っておけば、マルウェア対策は十分でしょう。Microsoft謹製なので、一般的なセキュリティソフトのように動作も重くなりません。

「Microsoft Defender」はリアルタイムで保護してくれるWindows標準のセキュリティ機能です。機能を有効に設定しておくと、ウイルスを自動ブロックしてくれます。

Microsoft Defenderは、ウイルスを感知するとブロックして、自動で最適な処理を行う仕組み。ブロックしたファイルは、Microsoftにサンプルとして送られる設定です。これが不安なら「サンプルの自動送信」はオフにしてきましょう。

Microsoft Defenderで誤検出の設定

Microsoft DefenderでPC内に潜むウイルスを駆除するのに使うのが「クイックスキャン」です。クイックスキャンを選択すると、任意のタイミングでPC内をスキャンしてウイルスを検出&駆除できます。

Microsoft DefenderはPCの自動ロックで不正操作を防止します。「動的ロック」はスマホなどのペアリングしたデバイスを持って移動した際に、離席とみなしてPCをロックする機能。これを有効にしておけば、ローカルでの攻撃にも対応できるでしょう。

Microsoft Defenderでファイルが誤検出でブロックされる場合は、「ウイルスと脅威の防止設定」で除外登録をします。これにより登録されたファイルは、以降ブロックされなくなるのです。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事