ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

迷惑メール&詐欺メールの最新トレンドと対処法

迷惑メールや詐欺メールの目的は、基本的に“金”です。広告宣伝を送って製品を案内するだけのものもあれば、詐欺サイトに誘導してクレカ情報を抜き出したり、PCをウイルス感染させて金銭を要求する度し難いものもあります。これらはEメールで届くことが多いため、「迷惑メール」や「詐欺メール」と呼ばれるわけです。


迷惑メール&詐欺メールの最新トレンドと対処法

迷惑メールは疑うことが対処法の基本

「迷惑メール」や「詐欺メール」と呼ばれますが、最近ではSMSやLINEで届くケースも増えているようです。Eメールに限らず、不審なメッセージが届いたら、迷惑メールや詐欺メールの可能性を疑うのが対処法の基本でしょう。

迷惑メールの目的の1つに「広告宣伝」があります。製品の宣伝を目的としているのでメール自体に危険性はありませんが、違法な製品が宣伝されていることもあります。改造されたB-CASカードがその典型です。

迷惑メールの目的には「ウイルスの感染」もあります。精算書や見積もり書などに偽装したファイルを添付。思わずクリックさせてPCをウイルスに感染させ、情報を抜き出したりデータをロックして金銭を要求したりするのです。

迷惑メールの目的に「フィッシング」があります。通販サイトや銀行などになりすまして、クレカ情報を盗み出すのが目的。自分がよく利用しているサービスだと、思わず誘導されてしまうケースが多いようです。

迷惑メールがLINEで来たときの対処法

迷惑メールの目的には「架空請求」もあります。架空請求を送りつけて金銭を要求してくるパターンです。「強制執行」「法的措置」「裁判所」などの単語で脅す文章が多く見られます。有料動画や携帯料金の未払いなどさまざまです。

そして、これらの迷惑メールは次の3つの方法で届きます。「Eメール」は送信件数が最も多いですが、フィルタリングによってある程度の対策は可能です。

「SMS」による迷惑メールでは、企業やサービスを騙るメッセージが多く見られます。文章内のリンクを開いたり、電話番号には決して発信してはいけません。

そして、最近では「LINE」で届く迷惑メールが急増中です。乗っ取ったLINEアカウントで、その友だちに詐欺メッセージを送る手法。LINEの友だちからの連絡でも日本語が怪しいときは用心するのが正しい対処法です。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事