ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フリーWi-Fiスポットのフリをしてデータを傍受

ハッカー御用達のアイテムを開発・販売しているのが、2005年に設立された米国のサイバーセキュリティ企業である「Hak5」です。Hak5は既知のハッキング技術を使って、システムに侵入を試みるペネトレーションテスト(ペンテスト)用機器を開発し、公的機関などへの納入実績もあります。


フリーWi-Fiスポットのフリをしてデータを傍受

フリーのWi-Fiスポットとして設置

アンテナの主張がやや強いこのWi-Fiルータ「WIFI PINEAPPLE」の正体は、接続した機器の通信データを傍受したり、不正アクセスが可能という裏機能付きルータです。

フリーの無線LANスポットとして設置され、接続してきた機器の個人情報を抜くことから、海外では既に問題になっている手口。他にも接続している機器を踏み台にしてネットワーク攻撃を仕掛けたり、フィッシングサイトを作成して情報を盗む機能もあります。

WIFI PINEAPPLEは2008年に登場した歴史あるハックツールで、現時点での最新バージョンは「Mark Ⅶ」です。機器自体は無線LANのアクセスポイントなので、スマホも標的。接続された端末の通信データは丸見えになります。

Wi-Fiで遠隔操作できるUSBケーブル

「O.MG CABLE ELITE」は接続したPCやスマホのデータを盗んだり、マルウェアを感染させられます。一見ただのUSBケーブルですが、隠しチップが内蔵されており、Wi-Fiによる遠隔操作が可能です。

2022年夏開催のサイバーセキュリティの国際会議DEFCONで発表された新型「ELITE」は、双方向通信機能を搭載。コマンドの送受信が可能になり、より細かな攻撃が行えるといいます。

遠隔操作で接続された端末のデータにアクセスして65万件のキー入力を保存でき、200種類もの脆弱性を記録。ちなみにWi-Fiは、1.6km先からもアクセスできたといいます。(文/pusai)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事