ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが盗聴器の集音マイクになる無料アプリ

ネット通販で盗聴器が買える時代になったとはいえ、お値段は数万円と簡単には手が出ません。そこで試しておきたいのが、スマホの盗聴器化です。特殊な集音アプリを導入し、その音を離れた場所から聞ければ盗聴器代わりに使えるようになります。スマホは元々集音性が優秀な機器なので、型落ちでも十分に能力を発揮してくれるでしょう。


スマホが盗聴器の集音マイクになる無料アプリ

スマホ盗聴器は日常に溶け込みやすい

そもそも高機能な電子機器であるスマホに集音アプリを導入すると、スマホを盗聴器として利用することが可能です。しかも、スマホは日常生活に溶け込みやすいというメリットがあるため、音を拾いやすい場所に仕掛ければ、成果を期待できるでしょう。

「Ear Scout」は、スマホでキャッチした音声を、ペアリングしたBluetoothイヤホンに出力するアプリ。ひそひそ声を増幅させるだけでなく、その音声をスマホ内に録音することも可能です。Google Playで無料で入手できます。

一定のdBを超えると自動で録音…など細かく設定できる点もポイント。録音されるデータのファイル形式はACCで、MP3よりも高音質なのも特徴です。

あらかじめスマホとBluetoothイヤホンがペアリングされていれば、アプリを導入するだけで使用可能という手軽さも魅力でしょう。録音データはメールで送信もできます。

iPhoneは標準機能でスマホを盗聴器化

「サウンド・トリガーしきい値」を設定すれば、ターゲットがしゃべり出すと自動で録音がスタートする仕様。録音データに無音部分がないので内容の確認が容易です。

実は隣の会議室の密談を大音量で聞いているとしても、周囲からはBluetoothイヤホンで音楽を楽しんでいるようにしか見えません。モニター側が怪しまれないのも、このスマホ盗聴器システムの特長でしょう。

このほか、iPhoneには耳が遠い人向けの「聴覚」という機能が搭載されています。iPhone本体がリモートマイクとなり、AirPodsで音を増幅させるいわば「EarScout」のiOS版です。

こちらはアプリ導入の必要はなく、「コントロールセンター」を開いて耳のマークをタップするだけで小さな音を拾うことができます。ただし、録音には対応していないので、別途アプリを用意しましょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事