ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣対策「補助錠」の設置は窓の上下どっち?

空き巣による侵入手口の約31%を占めるのが「ガラス破り」です。ガラス破りと一口にいっても「こじ破り・突き破り・叩き破り・焼き破り」などの種類があります。そんな空き巣のガラス破り対策に有効なのが「補助錠」です。ただし、補助錠はつける場所をしっかり選ばなくては意味がないのでした。


空き巣対策「補助錠」の設置は窓の上下どっち?

日本の空き巣独特の侵入手口がある

空き巣の侵入手口「ガラス破り」でもっともオーソドックスなのが「こじ破り」です。ドライバー1本だけで大きな音を立てずに実行可能。通称「2点3角」とも呼ばれ、日本の空き巣独特の手口です。

具体的には、窓ガラスのクレセント錠部分にドライバーを差し込みこじって、小さな三角形に窓を割ります。そして、開けた穴にドライバーを入れてクレセント錠を外して部屋へ侵入。穴が小さいので、被害者が気づかない場合もあるほどです。

一方、外国人窃盗グループに多いのが「突き破り」「叩き割り」などの荒っぽい手口。その名の通り、ハンマーや石などで力任せに窓を破ります。さらに、バーナーで局所を加熱し、水をかけてその急速な温度差でガラスを破るのが「焼き破り」です。ガラスが膨張・収縮する性質を利用しています。

空き巣対策は時間をかけさせること

慣れている空き巣がガラス破りにかける時間は、1分から遅くとも3分以内。このため、空き巣に窓からの侵入を諦めさせるには、ガラス破りに余計な時間がかかるようにすることが有効です。

空き巣のガラス破り対策の筆頭となるのが窓用防犯フィルム。窓ガラスの耐性を上げ、ガラスが破られないようにします。ただし、窓用防犯フィルムもピンキリ。厚さは500ミクロン程度が目安です。そして、窓ガラスの一部だけではなく、全面に貼りましょう。

また、窓ガラスの補助錠も空き巣のガラス破り対策に有効です。メインの錠前を開けられても、補助錠があれば侵入までに手間がかかります。その補助錠は窓の上部に設置するのが正解。外からでは手が届きにくく、仮に届いても解錠作業がしづらく時間が稼げるからです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事