ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣の侵入手口「ガラス破り」必要な対策は?

空き巣の侵入経路で最も多いのが「窓」。その手口の多くが窓のカギを狙った「ガラス破り」です。ガラス破りは、ピッキングほど専門知識や技術がなくても、侵入できてしまうだけに注意が必要です。とくに、ほとんどの家庭で使われている窓のカギは、空き巣対策にはほとんど意味がありません。ガラス破りに必要な対策を見ていきましょう。


空き巣の侵入手口「ガラス破り」必要な対策は?

ガラス破りでクレセント錠を開ける

ほとんどの家庭の窓のカギには、半円状の留め具「クレセント錠」が使われています。確かにクレセント錠で戸締まりをすれば、外から窓を開けられないので、出来心的な犯罪は防げるかもしれません。しかし、空き巣対策にはほぼ無意味です。

クレセント錠は「錠」というカギのような名前が付いていますが、キーを使っていないため、正しくはカギではありません。空き巣に「ガラス破り」をされてしまうと、いとも簡単に侵入を許してしまうのでした。

ガラス破りといっても、空き巣は侵入口のために窓ガラスを割るわけではありません。クレセント錠周辺にコブシ大程度の穴を開けるだけです。周囲に気づかれるような派手な音を立てることなく、クレセント錠を開けて空き巣は侵入します。

空き巣対策はクレセント錠に補助錠

たしかに、クレセント錠にはスイッチやスライド式の簡単なロック機構が付いているものもあるでしょう。しかし、これではガラス破りで手を突っ込まれたらひとたまりもありません。

それでは、ガラス破りの空き巣対策はどうしたらよいのでしょう。ホームセンターや防犯ショップには、クレセント錠用の補助錠が売られています。これがガラス破り対策にはかなり効果的です。

補助錠はクレセント錠の上げ下げや、窓の開閉をするためにキーが必要になります。このため、ガラス破りで窓をコブシ大ほど割ったくらいでは侵入不可能です。補助錠を目にした空き巣は、ガラス破りする前にあきらめて退散するでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事