ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

音声目的でない盗聴器を仕掛ける探偵の狙いは?

離れた部屋にいる他人の会話を盗み聞く「盗聴」。現在は小型のICレコーダーを使って、後から録音した会話を聞く方法が増えているといいます。しかし、ICレコーダーは「仕掛けて回収する」という2回の侵入を必要とするためリスクがとても大。そんなこともあり、1回仕掛ければ半永久的に盗み聞きできる電波式の盗聴器は脈々と使われているのです。


音声目的でない盗聴器を仕掛ける探偵の狙いは?

古参の探偵ほど盗聴器を使いこなす

現在は小型で安価なガジェットが増えて、秘かに会話を録音することが簡単にできるようになりました。さらには擬装型の小型カメラもセキュリティショップで誰でも自由に入手できて、鮮明な動画さえも撮れてしまいます。

そんな時代にあっても古くからある「盗聴器」という情報収集アイテムは、まだまだ現役。それはターゲットの部屋から数100m離れた場所から安全に、そしてリアルタイムに相手の会話を盗み聞くことができるからです。

会話がなくても物音から相手の動きを察知することも可能。張り込み中の探偵がマンションの玄関付近に盗聴器を仕掛けるようなケースもあるといいます。古参の探偵ほど、盗聴器を巧みに使いこなしているのです。

ベテランの探偵は盗聴器を使い分け

盗聴器は小型化された音声発信機。小さなボディの中には、室内音を拾うコンデンサマイクと、音声を信号化して電波に乗せて飛ばす送信回路が詰まっています。

そして、盗聴器を作動させる電源。ここがポイントで、盗聴器の特性を大きく変えるのです。盗聴器は電源の供給方式で3つに分類できます。電池を内蔵した「電池式」、コンセントに接続してAC100Vで作動する「AC電源式」、そして電話回線を電源とする「電話回線式」です。

これら3つの方式にはそれぞれ、小箱状の「ボックス型」と、文具や日用品といった小物や電気製品の中に盗聴器の回路を組み込んだ「擬装型」が存在。擬装型の多くは正規の製品の機能も備えて動作するため、発見されにくいのが特徴です。

ベテランの探偵はこうした盗聴器の特性をマスターしているので、シチュエーションに応じて盗聴器を使い分けているといいます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事