ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーと呼ばれる警察車両の正式名称は?

「白黒パトカー」や「覆面パトカー」というのは、あくまで通称。そもそもパトカー自体が、パトロールカーの略称です。そして、警察のパトカーには正式名称があって、それぞれ任務が異なっています。そして、その任務に合わせて形状や装備などが異なっているのです。パトカーの正式名称とその任務について見ていきましょう。


覆面パトカーと呼ばれる警察車両の正式名称は?

白黒パトカーの正式名称は2種類ある

白黒パトカーには大きく、幅広い犯罪や事件の捜査で活躍する警らパトカーと、交通違反の取り締まりが任務の中心となる交通パトカーの2種類があります。それぞれ正式名称は「無線警ら車」と「交通取締用四輪車」です。

各都道府県警に配備される白黒パトカーのうち、無線警ら車は一般的な犯罪・事件を取り締まるために使われ、2~2.5Lクラスのエンジンを搭載しています。

交通取締用四輪車は交通機動隊や高速道路交通警察隊に所属し、スピード違反などの交通違反の取り締まりを行うため、3Lクラス以上のモデルを採用しています。そして、白黒パトカーの無線警ら車・交通取締用四輪車とも、全国的に車種はトヨタ・クラウンが大半です。

覆面パトカーの正式名称は白黒と同じ

一方、覆面パトカーも大きく2種類あります。主に刑事が使用する捜査用と、交通機動隊や高速道路交通警察隊に所属する取り締まり用です。交通取り締まり用の覆面パトカーの正式名称は「交通取締用四輪車」。白黒パトカーと同じです。

刑事が乗る捜査用の覆面パトカーは、各都道府県警がさまざまな車種を購入。かつてはほとんどがセダンでしたが、最近ではトヨタ・プリウスなどハッチバックやワゴンも増えています。一方、交通取り締まり用の覆面パトカーは大多数がトヨタ・クラウンです。

覆面パトカーの交通取締用四輪車の特徴的な装備が、天井のフタが開くと現れる「反転警光灯」です。反転とはいいますが、現在使われているタイプは、横向きに倒れた状態で収納された赤色灯が90度回転して起き上がる仕組みになっています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事