ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

トイプードルもいる「警察犬」の所属部署は?

「警察犬」の主な活動は、現場に残された遺留品の臭いからその足取りを追ったり、行方不明になった人の臭いを辿り探し当てる「足跡追及活動」、遺留品の臭いと容疑者が一致するかどうかを調べる「臭気選別活動」、一定の地域内から人や物を探す「捜索活動」などです。トイプードルもいる警察犬の所属部署はどこになるのでしょうか。


トイプードルもいる「警察犬」の所属部署は?

トイプードルの警察犬は警戒されない

「警察犬」の犬種はシェパードが最も多く、他にはドーベルマン、エアデール・テリア、コリー、ボクサー、ラブラドール・レトリバーが日本警察犬協会によって指定されています。

このほか、2016年には殺処分寸前で保護されたトイプードルの「アンズ」が茨城県警で採用され、話題となりました。小型犬の警察犬は、狭い場所に入ったり、細かくものを探したりできる特徴があります。

そのほか、捜索活動をしていても散歩しているにように見えるため、シェパードなどと違って周囲に警戒されにくい面もあるようです。そして、そんな警察犬が所属しているのは「鑑識課」。鑑識課には警察犬係がいて、その主な任務は警察犬の管理と運用になります。

警察犬も所属する鑑識課の仕事は多岐

警察犬も所属している鑑識課の仕事は、思っている以上に多岐にわたります。ドラマや映画でおなじみの指紋照合やモンタージュ写真などは、もちろん鑑識課の仕事。鑑識課の専門係は10以上も存在します。

警察の鑑識課は刑事部に属していますが、他の課とは独立した部署。鑑識課員は、立場的には捜査第1課や捜査第2課の刑事などと同等です。

鑑識課にはほかにも、モンタージュ写真を作る「特殊写真係」や指紋の照合をする「指紋照合係」などがあり、専門の機器や薬剤を使って作業を行います。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。