ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

可搬式オービスも探知するユピテル最新モデル

レーダー探知機メーカー大手のひとつ、ユピテルから2022年モデルが発表され、販売がスタートしました。今回発表されたモデルのなかでも、最上位にあたるのが本体・アンテナがセパレートタイプの「LS2000」で、従来モデルと比べて可搬式オービスが使用するレーザーの探知性能がアップしています。


可搬式オービスも探知するユピテル最新モデル

LS2000は可搬式オービス対応モデル

ユピテルが発売中のレーダー探知機「LS2000」は、ここ数年で各都道府県警で導入が進む可搬式オービスのスピード取り締まりに対応した、アンテナ・ディスプレイ分離型の最新モデルです。

可搬式オービスには、スピード測定にレーザーを利用するLSM-300・LSM-310があるため、レーザー対応が必須。LS2000では、レーザーの探知範囲が従来モデルよりアップして前方水平約60度となり、より手前から可搬式オービスの存在をキャッチできるようになっています。

また、可搬式オービスのうちMSSSは24GHz帯の電波を利用したレーダーで取り締まりを行っており、LS2000はこちらにも対応済み。当然ながら、従来からある固定式オービスやネズミ取り(定置式取り締まり)などで使用される10.5GHz帯の電波もキャッチ可能です。

LS2000はループコイル式オービス対応

固定式オービスのうち、ループコイル式については電波もレーザーも発信しないため、LS2000ではオービス設置場所の情報を搭載。GPSを始めとする測位衛星の情報を元に、オービスに近づくとディスプレイ上のマップに表示されるほか、警告音を出す仕組みです。

固定式オービスの設置情報については、ユピテルが毎月最新情報を更新しており、同社の会員サイト「ity.クラブ」へ有料で入会することで入手可能。ity.クラブの会費は、年会費プランが4950円、スポット利用向けの35日限定プランが990円となっています。

LS2000はディスプレイとアンテナが分離しているため、アンテナ部分のみをフロントガラス付近に設置し、ディスプレイはセンターコンソールなど離れた場所へ取り付けることも可能。サイズは本体が106W×60H×12Dmm、アンテナが84W×21H×49Dmmで、直販サイト「Yupitelダイレクト」での販売価格は4万6200円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事