ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

可搬式レーザーオービス対応の最新LS2000の性能

いよいよ47都道府県に配備が完了した可搬式レーザーオービス。全国で神出鬼没な取り締まりへの対応が必須となっています。そんな可搬式レーザーオービスに国内メーカーとしていち早く対応したのが、ユピテルのレーダー探知機シリーズ「SUPERCAT」です。レーダー探知機のド定番モデルを見ていきましょう。


可搬式レーザーオービス対応の最新LS2000の性能

LS2000は微弱レーザーオービスを探知

2019年4月に発売されたレーダー探知機「LS300」は、2017年に登場した東京航空計器の「LSM-300」に加え、SWSSやMSSSといった新Kバンド(24GHz帯)のレーダー式オービスに対応。新型オービスを全方位でカバーする画期的なモデルでした。

第4世代となる最新機種「LS2000」は無線LANにより、エンジンスタートと同時に各種データを自動更新する機能を搭載。そして、レーザーの探知性能も大幅に向上しています。

専用高利得アンプICを搭載し、水平60度という広範囲をカバーすることで、微弱なレーザー光をいち早く探知可能となっているのです。フラッグシップ機として、レーダー探知機業界をリードする1台といえるでしょう。

LS2000は250m手前からオービスをキャッチ

可搬式レーザーオービスは約250m手前からLS2000がレーザー光をキャッチ。固定式については、GPSとのダブル対応で知らせてくれる仕組みです。

無線LAN環境があれば、エンジンONと同時にオービスデータや公開取締情報、リアルタイム配信データ(ユーザー投稿)などを自動で更新します。なお、オービスデータの更新には、別途「ity.クラブ」(年会費4,950円)への加入が必要です。

LS2000は、SWSSやMSSSといった新Kバンド帯を使用する、新型レーダー式オービスにも対応。埼玉や岐阜で稼働する固定式はもちろん、配備が進むMSSSといった可搬式も警告してくれます。実勢価格は46,200円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事