ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察にも納品するアルコールチェッカー最新機種

2022年10月1日より「安全運転管理者の専任義務違反に係る罰則」が厳罰化され、白ナンバー事業者でも社員やドライバーたちのアルコールチェックが義務化されました。そこで、警察をはじめとした官公庁や企業が採用するアルコールチェッカーの定番中の定番品、中央自動車工業の「ソシアック」シリーズの最新機種を見ていきましょう。


警察にも納品するアルコールチェッカー最新機種

ソシアック・ネオはスマホアプリ連動

中央自動車工業の「ソシアック・アルファーネクスト(SC-403)」は、自己管理型のアルコールチェッカーですが、最新機種の「ソシアック・ネオ(SC-502)」はPCやスマホアプリと連動します。

ソシアック・ネオは複数人のデータを一括で管理が可能なタイプ。測定データは安全管理者へメールで届き、その際はスマホのGPSを使った位置情報と、測定中の写真も添付されます。

ソシアック・ネオはまさしく業務用なモデルですが、お酒好きな夫をしっかり見守りたいといった奥さんにも最適なアルコールチェッカーかもしれません。

ソシアック・ネオは非接触で計測可能

ソシアック・ネオの計測方法は、上部アタッチメントにストローを挿して、息を吹き込めばOK。据え置き設置しておけば、非接触で計測可能。ボディは抗菌加工が施してあり、コロナ禍に配慮したアルコールチェッカーといえるでしょう。

本体とスマホはBluetooth接続され、計測結果はアプリ内でも確認できる仕様。なお、アプリ経由で計測する際は、スマホで自撮りを促される仕組みです。

計測中の写真・位置情報・計測数値は、登録したメールアドレスに送信されます。アルコールチェッカーの替え玉などの不正を防げるというわけです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事