ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飲酒検問で使われるアルコールチェッカー使い方

「飲んだら乗るな」は鉄則ですが、上司との付き合いで痛飲してしまった翌朝など、出勤時にもし酒が残っているか心配…ということは誰しもありえるでしょう。そんな時に備えてあると役立つのが、呼気中のアルコール濃度を調べられるアルコールチェッカー。飲酒検問でも使われているソシアックのアルコールチェッカーの使い方を紹介します。


飲酒検問で使われるアルコールチェッカー使い方

ソシアック定番アルコールチェッカー

ネット通販などでアルコールチェッカーの安価モデルも売られていますが、一生を左右するかもしれない判断は、信頼できるメーカーの信頼できる製品を使うべきです。

中央自動車工業の「ソシアック」シリーズは、警察をはじめ30,000以上の官公庁や企業が採用するアルコールチェッカーの定番中の定番品といえます。

同社のアルコールチェッカーは実際の飲酒検問でも使われているほど。ただし、警察へ納入されているのは、市販品ではなく警察特別仕様となっています。

定番アルコールチェッカーの使い方

ソシアックシリーズのアルコールチェッカーは、アルコール以外の成分に反応しないようセンサーの精度を高め、息以外が吹きかかると警告を出す不正防止機能も搭載。第三者機関によるテストもクリアしています。

アルコールチェッカーの定番「ソシアック・アルファーネクスト(SC-403)」の使い方は、上部のフタを引き上げ、4秒間ゆっくりと息を吹きかけます。

息が途切れると不正計測とみなされ、結果が表示されません。アタッチメントを装着すれば、ストローでも計測可能。15件まで測定結果の自動保存が可能なモデルです。

酒気帯び運転となるのは0.15mg/L以上からですが、本機は0.01mg/L以上から赤ランプが点灯し警報音が鳴る仕様。多少でも検出されたら運転は控えるべきでしょう。実勢価格は17,380円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事