ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

PayPayボーナス運用攻略で負けないテクニック

ポイント運用の中でも特に注目度が高いのが「PayPayボーナス運用」です。PayPayボーナス運用が人気の理由は、近年好調な米国の株価指数S&P500のETFに連動することと、ポイントの追加・引き出しが24時間リアルタイムに反映される点にあります。ここでは、そんなPayPayボーナス運用攻略で勝率を上げるためのテクニックを紹介しましょう。


PayPayボーナス運用で負けないための攻略テク

PayPayボーナス運用攻略テクニック

「PayPayボーナス運用」攻略で負けないためのテクニック1つめが「週明けの相場を先取りすること」です。通常、土日は株式市場は休みなので、この間は株の売買はできません。

PayPayボーナス運用も株価が変動しない土日はポイントの増減は止まりますが、この間もポイントの追加・引き出し自体は可能なので、これを利用することで週明けの相場を先取りしてPayPayボーナス運用を攻略できるのです。

例えば、週末にネガティブなニュースが出て週明けに株価の下落が確実な場合は、土日のうちにポイントを引き出しておくことでPayPayボーナス運用の損失を回避。逆に週明けの値上がりが期待できる場合は、ポイントを追加してPayPayボーナス運用を攻略するわけです。

PayPayボーナス運用攻略に権利落ち

PayPayボーナス運用攻略で負けないためのテクニック2つめが「権利落ち日の前に引き出すこと」です。PayPayボーナス運用では通常の株式投資とは異なり、配当金を受け取ることはできません。

配当金は株式の保有数に応じて支払われるもので、一般的に配当を受け取る権利が確定した日の翌営業日(権利落ち日)は、配当金の分だけ株価が下落する傾向があります。

PayPayボーナス運用が連動している銘柄の権利落ち日は次の通り。スタンダードコースの連動ETF(SPDR S&P500 ETF)の権利落ち日は、毎年3月・6月・9月・12月の第3金曜日です。

チャンレンジコースの連動ETF(Direxion S&P500 3X)の権利落ち日は毎年異なりますが、過去3年は6月22~25日と12月21~24日の年2回となっています。


PayPayボーナス運用攻略に1%手数料

通常の株式投資であれば、株価が下落しても配当金が入ることで差し引きゼロになりますが、PayPayボーナス運用の場合は下落した分が丸ごと損失になることもあります。

もちろん必ず同様の値動きになるわけではないものの、権利落ち日の前に一旦ポイントを引き出しておくPayPayボーナス運用攻略で、配当落ちの下落をある程度回避することは可能です。

なお、これまでは手数料なしで利用できたPayPayボーナス運用攻略ですが、3月24日以降は100円分以上のポイントの追加には、1%の手数料が取られるようになります。

仮に1万円運用している場合、PayPayボーナス運用攻略で一度引き出してしまうと、再度追加する時には100円の手数料が取られれるということ。一応、99円ずつ追加すれば手数料はかかりませんが、ポイント数が多ければ現実的ではありません。PayPayボーナス運用攻略は、今後は基本的に入れっぱなしにして運用するしかないでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事