ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

無料のラジオアプリ「位置ラジ」がサービス終了

市区町村だけをサービスエリアにした地元番組を放送しているラジオ局が「コミュニティFM」です。2021年11月現在、全国で337局が開局。インターネット放送に対応したコミュニティFMも増えています。このため、コミュニティFMを聞くには無料のラジオアプリ「位置ラジ」を使うのが定番でした。ところが、位置ラジが2021年11月でサービス終了となったのです。


無料のラジオアプリ「位置ラジ」がサービス終了

位置ラジでコミュニティFMを楽しむ

東京エフエムやエフエム大阪などの民放FM局は東京都や大阪府のように都道府県が放送エリアです。これに対して「コミュニティFM」放送局は同じ周波数帯を使ってはいますが、市区町村が放送エリア。送信出力も、民放FM局が1~10kWであるのに対して、基本的には出力20Wと放送エリアもコンパクトです。

コミュニティFMは地元密着型が基本。旅先でコミュニティFMを聞けば、地元ならではのお店情報やイベント情報もわかるため、旅先での情報収集にも活用できるでしょう。また、ラジオCMも地元企業がほとんどなので、ご当地CMを楽しむという聞き方もあります。

これまで、コミュニティFMを聞くには現地に赴いてラジオで受信するしかありませんでした。しかし、無料ラジオアプリ「位置ラジ」が、全国のコミュニティFMをgoogle マップ上のピンから選局して聞くラジオアプリとして登場。全国にあるコミュニティFM放送局のほとんどをカバーしていました。

iPhone版の位置ラジがサービス終了

ところが、App Storeの位置ラジ紹介ページの新機能の欄に「位置ラジは2021年11月をもちましてサービス終了となりました。これまでご利用いただき誠にありがとうございました」という表示が出現したのです。

実際、iPhone版の位置ラジはアプリを開いてもサービス終了のお知らせが表示。地図上に表示されていたコミュニティFM局のピンが表示されなくなっていました。

一方、Google Playの位置ラジ紹介ページにはサービス終了の記載はありません。アプリを開いても、コミュニティFMの位置がピンで表示されていて、再生マークからはラジオを聞くことができます。

とはいえ、iPhone版に続いてAndroid版がいつサービス終了するかは不明。今のうちに、位置ラジでコミュニティFMの放送を楽しんでおいた方がよいかもしれません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。