ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Telegramの使い方を覚えて匿名性の高いやり取り

「Telegram(テレグラム)」は、アカウントの自動削除機能やシークレットチャット機能を備え、秘匿性の高いやり取りに適したメッセンジャーアプリです。Telegramは2GBまでのファイルを共有可能で、期限なくサーバに保存できる点も優秀です。公式では日本語に対応していませんが、非公式のパッチを当てることで日本語化して使えます。Telegramの使い方を見ていきましょう。


高い匿名性を備えた「Telegram」の使い方とは?

Telegramの使い方で「痕跡を残さない」

Telegramは、プライバシー設定から電話番号による接続や通話、メッセージ転送の可否を設定可能。Telegramの使い方ではいつ接続したかの公開範囲も、「誰でも」「連絡先のみ」「許可しない」から選べます。

Telegramには痕跡を残さずにメッセージを削除するという使い方ができます。Telegramの使い方は、削除したいメッセージを長押ししてメニューを開いて「削除」を選択するのです。

Telegramの使い方では、ここで「自分と(相手の名前)の画面から削除」を選ぶと、双方の画面からメッセージを消せます。LINEのように削除した跡が残らないので、Telegramは何も無かったことにする使い方が可能。こっそりとメッセージを削除しても、相手に不審がられずに済むのがTelegramの使い方です。

Telegramには、大事なメッセージだけ記録する使い方もあります。Telegramの使い方は、メッセージを選んで転送ボタンをタップし、「保存用メッセージ」を選択。このTelegramの使い方で選んだメッセージを保存できるのです。

Telegramの使い方で「秘密のチャット」

Telegramはシークレットチャットで安全に連絡する使い方があります。相手のプロフィールを開き、「その他」→「秘密のチャット」を選択すると、シークレットチャットルームが作られる仕組みです。

Telegramの使い方で秘密のチャットは端末同士のみでやり取りして、Telegramのサーバに情報を残しません。なお、Telegramの使い方で秘密のチャットを選択できるのはスマホ版のみ。PC版ではこの項目が出ない仕様です。

Telegramの使い方では一定期間利用しなかったアカウントは自動削除される仕組みです。Telegramの使い方は、削除タイミングを「削除までの期間」で指定。1か月、3か月、6か月、12か月の4パターンです。


Telegramの使い方に大規模チャット

Telegramの使い方は、電話番号でアカウントを作成し、スマホの電話帳を参照してTelegramユーザーがいれば自動的に表示される仕組み。Telegramの基本機能は「グループチャット」「シークレットチャット」「スタンプ」「チャンネル(大人数でのチャット)」「ファイル共有」「音声通信」「ビデオ通話」となっています。

LINEの「トーク」画面の使い方をするのがTelegramの「Chats」。メッセージの履歴はすべて残せ、あらゆるファイルもクラウドベースで容量無制限で保存できます。しかも無料で使えて広告もありません。

Telegramユーザーだけの大規模チャット(最大10万人)のような使い方をするのが「チャンネル」。記名式の「2ちゃんねる」のようなものでしょうか。Telegramの使い方では、仮想通貨関連の情報交換に使われることが多いとか。Telegramのチャンネルの使い方は「join」をタップして参加し、退出も自由です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事