ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

匿名メッセージアプリで急激にシェアを伸ばしたのは?

匿名性の高いメッセージアプリでは、メッセージの強力な暗号化や自動消去機能を備え、秘匿性の高さが特徴の「Telegram」の使い勝手がベストですが、ロシア製のため、いつ停止してしまうか分かりません。Telegramのほかにもある、匿名メッセージアプリを3つ紹介しましょう。急激にシェアを伸ばす匿名メッセージアプリもあります。


急激にシェアを伸ばす匿名メッセージアプリは?

匿名メッセージアプリは電話番号不要

「Signal」はLINEと同等の機能を備えた匿名メッセージアプリで、広告やトラッキングがありません。この匿名メッセージアプリは表示から一定時間で削除される「消えるメッセージ」を送信できるのも特徴で、重要な情報を送る際に役立ちます。公安も使っている匿名メッセージアプリだとか…。

匿名メッセージアプリの消えるメッセージは、メニューの「消えるメッセージ」を選び、メッセージが消えるタイミングを選択。これで匿名メッセージアプリで消えるメッセージが利用できるのです。

「Threema」は、電話番号やメールアドレスを紐付けずに利用できる匿名メッセージアプリ。この匿名メッセージアプリは情報管理の厳格なスイスのサーバを介しており、通信の暗号化はもちろんのこと、サーバー上にメッセージを残さないため、やり取りした情報が漏れることはまずないといわれます。

匿名メッセージアプリがシェア急伸

こ他のツールと異なり、電話番号やメールアドレスを登録不要で利用できるThreemaは完全匿名で利用可能な匿名メッセージアプリ。サーバー上の情報がすぐに削除されるほか、端末内の情報も自動削除するように匿名メッセージアプリで設定できます。

「Element」は、高い匿名性とシンプルさから急激にシェアを伸ばしている匿名メッセージアプリ。この匿名メッセージアプリはシンプルながらグループチャットやビデオ通話などに対応しており、LINEの代用としては十分な機能を備えています。日本人利用者は多くないものの、LINEのようなオープンチャット機能もある匿名メッセージアプリです。

この匿名メッセージアプリはメッセージの履歴を読める範囲を指定できるので、後からメンバーを追加する際も安心です。匿名メッセージアプリは通話機能を備えており、PCからの利用なら画面共有も可能。資料などを共有できるのでビジネス利用もOKな匿名メッセージアプリです。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事