ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone緊急SOSは何を設定してどう表示する?

誰もいない場所で倒れてしまったものの、スマホのおかげで助かった…というケースは少なくありません。iPhoneの「緊急SOS」といった緊急通報機能は、各所に即連絡ができたり、位置情報を自動で送信するなど心強い働きをしてくれます。スマホの緊急通報を設定して「もしも急に倒れてしまったら…」に備えましょう。


iPhone緊急SOSは何を設定してどう表示する?

iPhone緊急SOS画面が表示される仕組み

もしもの時に役立つのがスマホの緊急通報です。起動方法を確認し、位置情報などのテキストメッセージが自動送信される連絡先や、メディカルIDをあらかじめ登録しておきましょう。

iPhoneの場合は、電源ボタンと音量上ボタンを同時に長押しすると、緊急SOS画面が表示される仕組みです。「緊急SOS」をタップすると、警察や消防など現地の緊急通報用電話番号に連絡できます。同時に位置情報も伝えられる仕様です。

iPhoneの緊急SOSでは、連絡先や血液型などが記入された「メディカルID」が、パスコードなしで第三者に開示できるようになっています。「ヘルスケア」アプリの「メディカルID」から記録しておきましょう。

iPhoneの緊急SOSで周りに助けを求める

iPhoneの緊急SOSは電話をかけるだけでなく、警告音を鳴らすことで周りの人に助けを求めることも可能。「設定」→「緊急SOS」を開き、「カウントダウンで音を出す」をオンにすればOKです。

Androidは端末によって変わりますが、UMIDIGI製スマホの場合は音量下ボタンと電源ボタンを長押しすると「緊急通報」のアイコンが表示。それをタップすると電話アプリが開きます。

ロックがかかった状態でも「緊急時情報」をタップすると、身体にまつわる医療情報が閲覧可能。「設定」→「デバイス情報」→「緊急時情報」と進んで「医療に関する情報」に登録しておきます。

Androidの場合はELS(緊急位置情報サービス)に対応。緊急時に位置情報を自動送信できる機能で、日本国内では元々義務付けられていますが、海外では非対応の国もあるのでオンにしておきましょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事