ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneカメラ5つの撮影モードを使いこなせる?

iPhoneのカメラアプリには「写真」以外に、5つの撮影モードが用意されており、シャッターボタン上部のメニューをスライドして選択可能です。iPhoneカメラアプリの5つの撮影モードを使いこなすと、凝った写真や動画が撮れるようになります。iPhoneカメラアプリの5つの撮影モードを見ていきましょう。


iPhoneカメラ5つの撮影モードは使いこなせる?

iPhoneパノラマは縦長にも撮影できる

iPhoneカメラアプリの「ポートレート撮影」は人物写真を撮るためのモードで、背景をぼかしたり、照明機能が充実しています。インカメラで自撮りするなら、ポートレート撮影を使いましょう。

ポートレート撮影ではF値を16~1.4の間で任意で変更し、背景のぼかし具合を調整できます。被写界深度を浅くすれば背景がぼけるので、人物が強調される撮影が可能です。

室内の自撮りで「自然光」を使うと、明るく自然に仕上がります。また、「ステージ照明」で撮影すると、背景をぼかす代わりに真っ黒にして消すことができるのです。

iPhoneカメラアプリの「パノラマ撮影」は横に長い写真を撮影できるモードで、広い公園や絶景を撮るのに有効。ちなみに、iPhoneを横に持ち縦に動かすと縦長に撮れます。東京スカイツリーなども大迫力に収められるでしょう。

iPhoneパノラマ撮影は写真を自動合成

iPhoneのカメラアプリでパノラマ撮影を選んで、シャッターボタンを押すと撮影開始。画面の指示に従って水平にiPhoneを動かしていきます。写真が自動で合成され、横長の1枚の写真が完成。解像度は16000×3600ドット程度になるようです。

iPhoneカメラアプリの「ビデオ撮影」はiPhone6s以降の機種で4K撮影が可能になり、iPhone8以降の機種で4K60fpsに対応しています。手ブレに弱いので、歩きながら撮影するにはジンバルが必要でしょう。

iPhoneカメラアプリの「スロー撮影」は、スローモーション撮影によって、動物など高速で動く対象をゆっくり捕らえられる撮影モードです。撮影画質は720p HD/240fps、1080p HD/120fps、1080p HD/240fpsの3パターンから選べます。

iPhoneカメラアプリの「タイムラプス撮影」は、動きの遅いものを長時間撮影し、早送りしているかのように再生できる撮影モード。植物の開花の様子や、星空の観察などに最適です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事