ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone11以下の機種でもマスクのままロック解除

iPhoneではiOS15.4から、マスクをしたままでもFaceIDの顔認証できる機能が追加されました。しかし、マスク着用でFaceIDの顔認証を使えるのはiPhone12以降の端末のみです。iPhone11以下の端末は非対応なのですが、ちょっとしたテクニックでマスクをしたままFaceIDの顔認証でロック解除できるようになります。


iPhone11以下の機種でもマスクのままロック解除

iPhone12以降にマスク着用時FaceID

iOS15.4以降を搭載したiPhone12以降の機種では「設定」の「FaceIDとパスコード」の項目を下にスクロールすると「マスク着用時FaceID」が追加されています。

この「マスク着用時FaceID」をオンにして、確認メッセージが表示されたら「マスク着用時に FaceIDを使用する」をタップします。

あとは画面に表示される案内に従って、通常と同じ顔のスキャン工程でFaceIDを設定。これでマスクの着用時でもFaceIDによる顔認証でロック解除できるようになるのです。

iPhone11以下でマスクのままFaceID

一方、マスク着用時FaceIDに未対応のiPhone11以下の端末で、マスクのままFaceIDによる顔認証でロック解除する方法は、まずは設定の「Face IDとパスコード」を開きます。

すでにFace IDを設定済みならリセットしてから「Face IDをセットアップ」を選択してください。そして、マスクを半分に折りたたみ、鼻先と唇の半分を覆うような状態でFaceIDに左右の顔を登録します。

1回目は左半分をマスクで隠して、2回目は右半分を隠すわけです。これで完璧ではありませんがマスクをかけた状態でロックを解除できるようになります。顔が認識されない場合は、マスクを鼻下まで下げると成功率が上がります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事