ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円台で買えるiPhone風のソックリ端末の中身

Android端末は、ホーム画面をランチャーアプリなどでiPhone風に擬装して使うことが可能。手帳型のケースに入れれば完璧でしょう。しかし、よりiPhoneらしさを演出するなら、ハードから変えましょう。特に中国メーカー製品は、過度なiPhoneオマージュなモデルが散見され、それでいて価格は本家の1/10程度。サブ機に最適です。


1万円台で買えるiPhone風のソックリ端末の中身

iPhone風の背面カメラや待ち受け画面

iPhoneの高価格化が止まりません。128GBモデルの場合で、iPhone14は119,800円、iPhone13が107,800円、iPhone12が99,800円、iPhone11が67,800円と世代を追うごとに値上がりしています。

一方、2022年1月に中国のGioneeから発売されたエントリーモデル「Gionee G13 Pro」は14,344円です。筐体のデザインや背面カメラまでiPhone13風にソックリに作られていて、待ち受け画面もiPhoneを意識していると思われます。

悪質なコピー品と呼べるレベルですが、本家から怒られたりしていないのか心配なほどです。見た目はそっくりですが、中身は別モノ。エントリーモデルなのでスペックは必要最低限です。

iPhone風でなくなるシニア向けモード

意外なのはOSにHarmony OSを採用している点。Harmony OSはHuaweiがAndroid10をベースに開発したもので、Huawei端末以外で採用されることはまれです。

Gionee G13 Proには、シニア向けモードなる機能もありますが、これに設定するとAndroid感が増して一気に野暮ったくなってiPhone風でなくなります。

Gionee G13 ProのCPUはUNISOC T310。RAMは4GBで、ストレージは128GBです。ディスプレイは6.26インチで、カメラはイン5MP/アウト13MP+2MPとなります。バッテリー容量は3,500mAhです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事