ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

秋葉原の買い物でチェックしたい老舗巡りコース

ネット通販サイトが全盛の昨今ですが、実店舗でしか出会えない掘り出し物に巡り合ったり、直接手に取ってみて初めて商品の魅力が分かることもあります。そして、デジタルグッズを買い物するなら必ず訪れたいのが秋葉原です。そこで、秋葉原の買い物でチェックしたい老舗を巡るモデルコースを作ってみました。


スポンサーリンク
秋葉原の買い物でチェックしたい老舗巡りコース

秋葉原の買い物で老舗を巡るコース

デジタルグッズを買うなら、やはり東京・秋葉原。マニアックかつバラエティに富んだショップが密集しています。昔の電気街時代は通ったけど、最近は…というベテラン勢もご安心を。秋葉原の買い物で老舗を巡るモデルコースを作ってみました。

JR秋葉原駅の中央通り口を出て右手へ。まずはワシントンホテルの右隣にある「ケイヨーSP」へ。秋葉原の老舗ショップの1つで、プロ御用達の防犯・情報収集グッズを取り扱っています。擬装カメラや盗聴発見器などのモバイルツールが多数揃っており、目的に合ったアイテムにきっと出会えるはずです。

神田川と並行する国道17号線には、万世橋警察署の並びにもミニ電気街があります。ニュー秋葉原センターでは、中古ショップや外国人が運営する怪しい店も見つけられるでしょう。

膨大な商品数と手頃な価格が魅力

中央通りにはバラエティショップ・中古ショップ・ディスカウントストアなど、大型店が集結しています。毎週日曜日は歩行者天国になる場所です。

ラオックスなどの外国人向け量販店の先にあるのが、創業60周年を迎えた老舗ビル「東京ラジオデパート」。電子パーツやバッテリーなどを扱う昔ながらのショップが集結しています。新規店も参入しており、同人ハードを扱う「家電のケンちゃん」、アーケードゲーム基板の「KVC lab.」などが見所です。

中央通りの裏手に入ると、専門のショップが立ち並びます。このエリアに多いのが電子パーツやPCショップ。東側に進むほど、マニアックな店が増えます。

アルタクラッセ・千石電商・イオシスの並びにあるのが「秋月電子通商」。いつ行ってもお客さんであふれ返っている電子パーツショップで、店頭に並びきらないほどの膨大な商品数と手頃な価格が魅力です。オリジナルの電子工作キットをチェックしておきましょう。

■「秋葉原」おすすめ記事
ラジオセンター2Fにはマニアックなお店が並ぶ
カラマツトレインは鉄道グッズ専門一大チェーン
秋葉原ラジオセンターの両隣にある建物は?
Nゲージジオラマがすごいポポンデッタ秋葉原店

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事