ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

都内の観光地を回れる「無料巡回バス」がスゴイ

都内の観光で歩き疲れたり買い物で荷物が増えた時は、ちょっとの距離でもついついタクシーを使いがち…。これを節約できるのが、観光客向けに運行されている「無料巡回バス」です。観光客向けではあるものの、誰でも利用できるので使わない手はありません。都内でタダ乗りできる主な無料バスを紹介します。


都内の観光地を回れる「無料巡回バス」がスゴイ

無料巡回バスで観光スポットを巡る

お台場周辺の無料巡回バスが「東京ベイシャトル」です。りんかい線「東京テレポート駅」から話題のスポットを結びます。ヴィーナスフォート・アクアシティ・日本科学未来館といった主な観光スポットを巡るのに重宝するバス。運行時間は11:30~19:30、運行間隔は約20分間となっています。

上野と浅草を結ぶ無料巡回バスが「パンダバス」です。運行本数は1時間に1本とや
や少なめですが、タイミングが合えば長距離の移動が可能。運行時間はROX前発10:00~16:50(上野駅行最終は16:00)で、運行間隔は約1時間です。

「メトロリンク日本橋Eライン」は、東京駅八重洲口から三越前や日本橋、明治座などを巡る無料巡回バス。休日は夜8時までと運行時間も長いので、使い勝手も良いバスです。運行時間は平日8:00~18:00/休日10:00~20:00で、運行間隔は約22分間となっています。

買い物や観光に便利な無料巡回バス

「丸の内シャトル」は、新丸ビル前から日比谷や有楽町などを結んでいる無料巡回バスです。買い物や観光に便利なエリアを巡回しています。運行時間は平日8:00~20:00/休日10:00~20:00で、運行間隔は約12~15分間です。

無料巡回バスとは少し趣が違いますが、お台場にある「大江戸温泉物語」の無料バスにも注目したいところ。品川駅・東京駅・新宿駅・錦糸町駅などから毎日無料の送迎バスを運行しています。

1日2~10本程度と本数自体は少ないものの、時刻表もあるのでうまく利用すればお台場までの交通費が毎日タダになるということです。ただし、施設利用者向けのサービスであることは忘れてはいけません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事