ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソーのそっくり商品を猫に食べさせた結果?

最近の100円均一ショップでは他社の人気アイテムのそっくり商品が続々とラインアップ中。そして、そのクオリティも徐々に上がっている印象です。そこで、同じような見た目&同等の機能を持った100均商品をセレクトして、その使用感を実際にを確かめてみました。ダイソーの本家そっくり商品を見ていきましょう。


ダイソーのそっくり商品を猫に食べさせた結果?

ダイソーのサーモスにそっくりの商品

保温・保冷性能に優れた魔法瓶のパイオニアといえばサーモスでしょう。サーモスの「真空断熱タンブラー」は、実勢価格679円(300mL)で販売されている人気商品です。

そんなサーモスのタンブラーのそっくり商品が、ダイソーの「ステンレスタンブラー」。実勢価格は550円(360mL)となっています。本家よりも形状がくびれていて、持ちやすい印象です。

実際に、氷水を入れて温度変化を調べたところ、サーモスは2時間後に2.0度、ダイソーは4.1度でした。ダイソーも健闘していますが、価格差は大きくないのであえてダイソーを選ぶ必要はないかもしれません。

ダイソーのいなばにそっくりな商品

いなばの「Ciaoちゅ~る」は、これまでなかった液状のネコ用おやつ。実勢価格は168円(4本)です。そのそっくり商品がダイソーで販売されていました。「猫ちゃんのとろ~りおやつ」で、実勢価格は110円(3本)です。

さっそく、味にうるさい猫に試食させてみました。すると、ダイソーのそっくり商品もしっかりと平らげましたが、食いつきはCiaoちゅ~るの方が上という結果です。

いなばでもダイソーでも価格差はあまりありませんが、毎日食べるものなので、少しでも安いダイソーを選んでもよいかもしれません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事