ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

シンク掃除はクエン酸など酸性クリーナーが効く

キッチンの大掃除は換気扇からコンロ、そして最後にシンク掃除と進めるのがセオリー。換気扇やレンジの油汚れをシンクで落としたあとに、最後にシンク掃除をするわけです。終わりよければすべてよし、シンクをピカピカにしてでスッキリ大掃除を終わらせましょう。シンク掃除にはクエン酸など酸性クリーナーが効きます。


シンク掃除はクエン酸など酸性クリーナーが効く

シンク掃除はクエン酸スプレーが定番

シンク掃除で気になるのは、シンク全体の白っぽい汚れ。これは水道内のカルシウム分(カルキ)が原因なので、食酢やクエン酸が効きます。カルキ汚れはクエン酸スプレー(水200mlに小さじ1杯)が定番です。

それでもダメならサビ落とし・防錆までこなすオーブ・テックの「HALT酸性クリーナー」。銀を除くほとんどの金属の汚れ・サビ落としに効果絶大です。キッチンのシンク周りが新品のようにピカピカになります。

HALT酸性クリーナーはpH1.8以下の強酸性なのでカルキも溶かし、サビ止めも兼ねるためシンク掃除のピカピカが持続します。原液のままスプレーしてスポンジやタワシなどでこすればOKです。

シンク掃除で排水口にクエン酸と重曹

実際に、カルキと緑青(銅の錆び)まで出てるキッチンの蛇口にスプレーして5分ほど放置。ワイヤーブラシで水洗いすれば、光沢が出てきました。防錆効果も期待できます。HALT酸性クリーナーは容量500mlで実勢価格は1,825円です。

シンク掃除のもう1つの難関が、生ゴミや油汚れなどでヌメリや悪臭を放つ排水口。ここは重曹とクエン酸をまぶし、水をかければきれいになります。重曹は酸性の油汚れ、生ゴミの悪臭を中和。クエン酸は菌の増殖を抑制します。

重曹とクエン酸の割合はだいたい「2:1」。厳密でなくてもOKです。なお、丸めたアルミホイルをゴミ受けに入れるとヌメリ防止になります。アルミホイル(10円玉など銅でもよい)が金属イオンを放出。除菌効果があるのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事