ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows11で復活した「ウィジェット」使い勝手

Windows Vistaの目玉だったウィジェット機能が、Windows11で形態を変えて復活しました。ただし、使えるのはニュースの表示やタスクの管理など、Microsoftが用意したコンテンツのみ。現在は、サードパーティ製ウィジェットは使用できませんが、まもなく使えるようになるといわれています。


Windows11で復活した「ウィジェット」使い勝手

Windows11でのウィジェット追加手順

Windows11で復活した「ウィジェット」は、タスクバーのウィジェットボタンをクリックすると、画面左端に表示される仕様。情報の確認や管理がひと目でできます。

ウィジェットの追加手順は3ステップです。ウィジェットを開き、「ウィジェットを追加」をクリックすると、ウィジェット一覧が表示されます。

ここで利用したいものを選ぶと、そのウィジェットが配置されるというわけです。ウィジェットのサイズや場所は変更できます。

Windows11でAndroidアプリが動作する

このほか、Windows11ではタッチキーボードが強化され、タッチパネル搭載マシンでの使い勝手が向上しています。テーマを自由に選択し、キーボードのデザインを変えられるようになったのもポイントです。

設定画面の「個人用設定」→「タッチキーボード」からテーマが選べるようになりました。また、タッチキーボード上部のボタンから、絵文字入力など追加機能を開けます。

また、Windows11ではMicrosoftが公式配布しているAndroidアプリを起動できるようになります。詳細はまだ発表されていませんが、PC上に仮想的なAndroid環境を構築する仕組みのようです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事