ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アップグレードしないでWindows11新機能を使う

Windows11はアップグレード要件が厳しいため「Windows10を使い続ける」という選択をする人も少なくないはず。ならばカスタマイズソフトでWindows11の新機能を再現し、最新環境を気分だけでも味わってみましょう。Windows11新機能のタスクバーの中央化や、スナップ機能の強化程度なら簡単に再現できます。


アップグレードせずWindows11新機能を使う方法

Windows11アップグレードしない中央化

Windows11の新機能で目立つのがデスクトップの改良です。スタートボタンが中央に移動したことで、カーソルの移動距離が短くなり操作のストレスが軽減されました。

また、Windows11はスナップ機能を強化。ウインドウの「最大化」ボタンにカーソルを合わせると、ウインドウの配置方法と位置を選べる新機能が追加されています。

Windows11にアップグレードしないで、タスクバーアイコンを中央揃えにするなら無料ソフト「TaskbarDock」を使用します。このソフトはインストール不要で利用できるタスクバーの中央化や透明化ができるソフトです。

Windows11にアップグレードしない配置

TaskbarDockのメニューで「Center」を選択すると、タスクバーのアイコンがWindows11のように中央揃えにすることが可能。タスクバーの背景色を透明にすることもできます。

Windows11にアップグレードしないで、スナップ機能を拡張するならMicrosoftがオープンソースで開発している「PowerToys」を活用。GitHubのページからインストールできます。

インストール後、Shfitキーを押しながらウインドウをドラッグすると、Windows11のようにウインドウの配置箇所を指定可能。たくさんのウィンドウを思い通りに配置できます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事