ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

HDDはWindows標準機能で完全削除して安全に廃棄

パソコンはごみ箱のデータを削除しても、復旧ソフトを使えば容易にデータは復元できてしまいます。そのため、パソコンを廃棄する際はHDDデータを完全削除する必要があるのです。削除方法はいくつかありますが、Windows標準機能の「diskpart」を使用するのが最も簡単。HDDを完全削除して安全に廃棄しましょう。


HDDはWindows標準機能で完全削除して安全に廃棄

Windows標準機能でHDDを完全削除する

HDDのデータを消去するというと「再フォーマット」という方法を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、この方法で消去されるHDDの情報は、ディレクトリと呼ばれるファイルが格納されている場所を保管した部分のみ。肝心のファイル内の情報はそのまま残ってしまうのです。

一方で、HDDの物理破壊サービスを提供している業者もあります。より安全に廃棄したい場合、最後はHDDのドライブに穴を空けてしまうのが確実かもしれません。とはいえ有料サービスです。

そこで、Windows標準機能の「diskpart」でHDDを完全削除する方法を見ていきましょう。まずはコマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」を選びます。

HDDにゼロを書き込んで完全削除する

コマンドプロンプトが起動したら「diskpart」と入力してEnterキーをプッシュ。「list disk」と入力して削除するHDDの番号を確認。「select disk ○(HDDの番号)」と入力します。

HDDが選択されたら「clean all」と打ち込んで実行。HDDの全セクターにゼロを書き込む「ゼロフィル」によりデータ復旧を困難にします。

なお、誤って削除してしまったデータを復元するのに重宝するのが、無料復旧ソフト「DiskDigger」です。HDDはもちろん、USBメモリやSDカードなどのデータも高い精度で復旧してくれます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事