ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自転車テールライトが振動感知して防犯アラーム

夜間の自転車走行に不可欠なのが、歩行者やクルマに存在を知らせるテールライトです。反射板でも各都道府県の条例を満たせるのですが、命を守るためにできるだけ目立つタイプを選びましょう。最近は盗難対策として、振動を検知して大音量のアラームが鳴るモデルが登場しています。


自転車テールライトが振動感知して防犯アラーム

自転車テールライトに防犯アラーム

Amazonで見つけたWSDCAMの自転車テールライト「KS-SF31」は、さまざまなLED点灯パターンに加え、窃盗犯が車体に触れると110dBの大音量のアラームが鳴動する機能も搭載。防犯アイテムとしても使えてお得です。

この自転車テールライトは、手元で点灯指示などが行えるリモコンとセットになった構成。ロック状態にした後に振動を加えると、110dBのアラームが発生します。

自転車テールライトにはウインカー機能も搭載。夜間は伝えにくい右折/左折の意志を、手元のリモコン操作で後続の車両に表せるというわけです。

自転車テールライトのリモコンでロック

自転車を離れる時は自転車テールライトのリモコンのロックボタンをプッシュ。持ち上げられたりすると、110dBのアラームが発生。窃盗犯はそのまま逃げるしかないでしょう。

防犯アラーム付き自転車テールライトのLED点灯モードは6モード。アラーム音量は110dBです。振動感知精度は7段階。リモコン範囲は60mとなります。防水性能はIP54です。

自転車テールライトのバッテリー容量は2,000mAhで、 充電頻度は4~8か月となります。サイズ/重さは125W×33H×97Dmm/75g。実勢価格は3,780円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事