ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

GPSタグを自転車に付ければ盗まれても追跡可能

警視庁によると、2019年の自転車盗難事件は16万8703件と、全カテゴリーの中で最も多い犯罪となっています。特にロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクは、車体だけで数万円と高額。犯罪グループにお金目的で盗難されるケースが多発しているのが現状です。GPSタグを自転車に付ければ盗まれても追跡できます。


GPSタグを自転車に付ければ盗まれても追跡可能

GPSタグの自転車マウントホルダー

どんなに盗難対策をしていても、相手はその道のプロなので盗まれてしまうケースはあるものです。自転車窃盗犯の手で、ホイールやサドルなどパーツごとに分解され、主にネットオークションで売り捌かれます。

こうなると、自車の特定は困難。いち早く自転車の居場所を突き止める必要があるでしょう。そこで、自転車盗難対策に有効なのが「AirTag」などに代表されるGPSタグです。

GPSタグを秘匿性の高い自転車用ケースなどに入れておけば、そう簡単に気づかれて外されることはありません。ただし、居場所を見つけたからといって単身で乗り込むのはご法度。警察に通報するに留めておくのが無難です。

Tarutaruの「AirTag適用自転車マウントホルダー」は、AppleのAirTagを上下2つのパーツで挟み込み、GPSタグを自転車にマウントできるホルダー。ネジ×2本と結束バンド×6本が付属します。

GPSタグを自転車のホルダー下に装着

GPSタグをマウントするホルダーのネジ穴は、スポーツバイクのドリンクホルダー幅にピッタリ。下に装着すれば、他人に気づかれずにAirTagをマウントできるでしょう。

なお、1個4,000円弱と安価なAirTagですが、iPhoneのBluetooth範囲外では位置情報をキャッチできない弱点があります。そこでAlterLockの「Gen2」も覚えておきましょう。

このGPSタグは位置情報の発信にSigfox通信を利用しており、居住地エリアの大半をカバー。利用には月額396円かかりますが、安心が買えるなら安いものかもしれません。

こちらのGPSタグも自転車のドリンクホルダーの下に装着する仕様。窃盗犯にバレて取り外されそうになっても、アラームが鳴った上で、自分のスマホに通知が届きます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事