ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonプライム利用でNHK受信料を節約する方法

動画のサブスクリプションとしては、日本国内で最大の会員数を持つのがAmazonの「プライム・ビデオ」です。プライム・ビデオばかり見続けてテレビ番組を見るひまがないという人であれば毎月1000円以上のNHK受信料を支払うのはもったいない話。ある対策を行うことでNHK受信契約を解約し、毎月のNHK受信料を節約することができます。


Amazonプライム利用でNHK受信料を節約する方法

NHK受信料は設備があれば支払う必要

Amazonプライムは年会費4900円を支払うことで、Amazonを便利に活用できる特典を受けられるサービスですが、その特典のひとつに動画サブスクリプション「プライム・ビデオ」があります。プライム・ビデオには、年会費のみで視聴可能なタイトルも数多くラインアップ。他のサブスクリプションサービスと比べて年会費4900円は割安です。

また、最近発売されたネット対応のテレビであれば、プライム・ビデオ視聴用アプリがインストールされているため、ユーザー情報を設定すればそのまま視聴可能。そのため、テレビを持ちながらもプライム・ビデオばかりを利用し、NHKに限らずテレビ番組自体を視聴する機会がなくなってしまったという人もいるでしょう。

テレビ番組を見ないのであれば、NHKと受信契約を結び受信料を払い続けるのは無駄だといえます。しかし、放送法はNHKのテレビ番組を視聴可能な設備があればNHK受信契約を結ばなくてはならないという規定になっているため、テレビ番組を見ない家庭もNHK受信料を払う必要があるのです。

NHK受信料が不要になるアンテナ撤去

過去、NHK受信契約をめぐり行われていた裁判例によれば「NHKのテレビ番組を視聴可能な設備」とは、テレビだけでなくアンテナなどがセットになって初めて構成されることになっています。

そのため、テレビが放送用のチューナーを内蔵している場合も、自宅からアンテナを撤去してしまえば「NHKのテレビ番組を視聴可能な設備」を持たないことになります。ただし、テレビからアンテナケーブルを外すだけでは不十分で、NHKを受信可能な状況に簡単に戻せる状態ではNHK受信料を支払う必要が出てしまうのです。

アンテナを撤去し、NHK受信契約が不要な状況を作り出したあとは、NHKふれあいセンターに電話連絡を行い、解約に必要な書類を郵送してもらいます。この書類が届くまでは約2週間ほど。書類に解約理由などの必要事項を記入しNHKへ返送すると、NHK受信契約の解約手続きは完了です。


NHK受信料より安いNHKオンデマンド

アンテナを撤去することで、NHKだけでなく民放のテレビ放送も受信できなくなりますが、テレビ番組の視聴自体は他の方法で行うことも可能です。Amazonプライム会員であれば、プライム・ビデオで「NHKオンデマンド」チャンネルを、NHK受信料より安い月990円で追加することで、NHKの豊富な放送アーカイブが見放題となります。

また、TVerではTBS(JNN)系列の「報道特集」、テレビ東京系列の「ワールドビジネスサテライト」などの報道番組が配信されており、無料視聴が可能です。

さらに、Amazonプライム会員であれば、プライム・ビデオで英BBCの国際放送「BBCワールドニュース」を24時間同時配信で視聴できます。こちらは月792円の追加料金が必要なものの、CS放送のスカパーやCATVで契約するより割安で、定評あるBBCの国際報道もチェックできるのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事