ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

道産子のエネルギー源「ソフトカツゲン」て何?

北海道は食の宝庫です。バターサンド、ジャガイモ、味噌ラーメン、ジンギスカン、毛ガニ…などなどきりがありません。アンテナショップ(物産館)の数も他県のものと比べると圧倒的で、都内だけで延べ11店舗を数えます。そんな北海道物産館では北海道限定のドリンクやお酒が購入可能。とくにアルコール類はご当地限定物が多数です。


道産子のエネルギー源「ソフトカツゲン」て何?

ソフトカツゲンは北海道限定の飲料

全国的な飲料メーカーが、北海道に本社や大規模工場を構えているケースが多く、北海道限定の飲料も多数生まれています。北海道物産館で買えるドリンクやお酒を見ていきましょう。

メグミルクの「ソフトカツゲン」や、ポッカサッポロの「リボンシトロン」も北海道限定飲料の1つ。いずれも1本から買えるので、街歩きのお供や飲み比べにも最適です。

また、北海道のお酒はビールのほか、ウイスキーやワインも有名です。道産のつまみで一杯やれば、都内に居ながらにして北海道にいる気分に浸れるでしょう。

ソフトカツゲンを部活帰りに飲む道民

メグミルクの「ソフトカツゲン500mL」の価格は195円。部活帰りにはコレを飲んでいたという道民は多いでしょう。まろやかな味の乳酸菌飲料で、基本のプレーン以外にもバリエーションがあります。

サッポロビールの「サッポロクラシックビール350mL」(価格283円)は、喉ごしが爽やかで、ジンギスカンなどによく合う北海道限定ビール。500mL缶もあります。

ニッカウヰスキーの「ニッカアップルワイン720mL」は価格1,199円。余市のウイスキー工場では、試飲後に即完売になるという隠れヒット商品です。アイスに垂らしても楽しめます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事