ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHKがスクランブル化に積極的になれない裏事情

NHKは契約を結びNHK受信料を支払った人だけが視聴できる「スクランブル化」をすべきという意見を聞いたことがあるはず。実際、NHKはBS放送であればNHK受信料を支払った人だけ視聴できるスクランブル化することは可能。しかし、NHKにはスクランブル化に積極的になれない事情があるのでした。


NHK受信料によるスクランブル化に消極的な理由

地デジのNHKスクランブル化は困難

B-CASの仕組みを利用することで、NHKがスクランブル化すること自体は不可能ではありません。ただし、地デジに関しては、2013年にB-CASとは別に導入されたRMPという仕組みがあり、RMPのみ搭載のテレビやチューナーも発売されていることもあってスクランブル化ができない事情があります。

ただし、4K・8Kを含むBS放送を受信するテレビやレコーダーにはB-CASやそれを発展させたACASを利用。BS放送では、NHKがその気になれば技術的には受信料を支払っている人だけ視聴できるスクランブル化を導入することが可能です。

それでも、NHKがスクランブル化に消極的な理由は、NHKが「公共放送」だという点にあります。放送法で、NHKの役割は「公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように豊かで、かつよい放送番組による国内基幹放送を行う」と定められています。

NHKのスクランブル化で原則が崩れる

この公共放送としてのNHKの役割を実現するため、テレビ放送を受信できる視聴者すべてがNHKと受信契約を結び、受信料を支払うことでNHKの運営コストを共同で負担するというのが放送法の趣旨です。放送法にのっとると、NHKのテレビ放送をまったく見ないテレビ所有者も、NHKと受信契約を結ぶ必要があります。

一方、NHKが受信契約者だけが視聴できるようにスクランブル化した場合、放送法の原則が崩れてしまいます。というのも、放送法ではNHKのテレビ放送を受信できる設備を設置した人はNHKと受信契約を結ぶ必要があると定めているため、スクランブルを解除しない状態では「受信できる設備」とはいえず、NHK受信契約が不要ということになるからです。

とはいえ、NHKのBS放送については、地デジだけの視聴で十分なのにマンションがBS放送を再送信しているため衛星契約を結ばされる、いわゆる「受動受信」が問題視されています。このため、地上波はともかくBS放送はスクランブル化を導入すべきという意見も少なくないのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事