ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アルインコの特定小電力トランシーバは多機能機

最も手軽に無線交信が楽しめる「特定小電力トランシーバ」は、売れ筋ジャンルだけに各メーカーからさまざまな機種が発売されています。そんな中、マニアが注目してるのがアルインコ製の特定小電力トランシーバです。そして、アルインコの特定小電力トランシーバを象徴するのが多機能機の存在でしょう。


アルインコの特定小電力トランシーバは多機能機

特定小電力トランシーバに中継器機能

アルインコの特定小電力トランシーバの特徴は、多機能機の存在。単信式と中継式はもちろんですが、中継器機能を搭載した機種です。中継器機能とは、特定小電力トランシーバ自体がそのまま中継装置(レピータ)になることです。

多機能機の元祖「DJ-R20D」(2001年発売)は、特小マニアが伝説の名機と呼ぶほどの高い評価を受けました。アマチュア無線ではハードルの高いレピータ開設が簡単にできて、さらに乾電池で動作します。

DJ-R20Dは防水ケースに納めて私設の野外レピータという使い方が可能で、そこに多くの特小マニアが飛び付いて支持を集めていったのです。

特定小電力トランシーバに同時通話

アルインコの多機能機には、連結レピータ機能もあります。専用ケーブルでつないだ2台1組の多機能機を、1組以上用意して配置。これにより、1台の多機能機で中継するよりも、レピータが数珠つなぎになって、さらに交信範囲の拡大が可能になるのです。山岳地帯に複数組を設置して、「太平洋と日本海を特小でつなごう!」などという実験もありました。

もう1つ、多機能機で注目すべき機能が同時通話。2つの電波を使うことで、電話と同じ感覚で会話ができる機能です。建設現場のクレーン操縦者には必須で、業務向けの価格で提供されるものが、特小マニアにも手が届く価格だったサービス精神は特筆ものです。

アルインコの多機能機のDNAは、DJ-R20D(2001年発売)からDJ-R100D(2004年発売)、そしてDJ-R200D(2016年発売)と受け継がれています。送受信の性能も多機能ならではの高性能ぶり。アルインコが特定小電力トランシーバの遊びの幅を広げたのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事