ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

4KテレビにB-CASカードが同梱されなくなった理由

いま日本で売られているテレビは、液晶・有機ELのいずれも4K放送対応モデルが主流です。これらの4K対応テレビを購入し箱を空けると、これまでのBSデジタル対応テレビには必ず同梱されていた「B-CASカード」がないことに気づきます。実は、4K放送対応テレビは、B-CASに変わる新方式ACASへの対応が義務付けられているのです。


4KテレビにB-CASカードが同梱されなくなった理由

B-CASカードに不正書き換えが判明した

現在、4K・8Kチューナーを内蔵したテレビやレコーダーには、必ずACASチップが搭載されています。ACASは、B-CASに代わり4K・8K放送に導入された新しい視聴・録画制限システムで、制限がかからないショッピングチャンネルを除き、4K・8K放送を視聴するためにはACASチップが搭載されなければならない仕組みです。

なお、ACASチップはACASが使われる番組・チャンネルのほか、引き続きB-CAS方式が使われている地デジや4K・8K以外の再生にも対応。複数チャンネルの同時録画に備え、ACASチップとB-CASスロットの両方を備えているレコーダーも販売中です。

なぜ4K・8K放送にB-CASではなくACASが採用されたかといえば、B-CASで使われている暗号化方式が解読されてしまい、B-CASカードは不正書き換えを行えることが判明したためです。実際、2012年には有料チャンネルが全部視聴可能になる「BLACKCAS」も登場。刑事事件として摘発を受けるといった事態も起きています。

4Kテレビの暗号鍵の長さはB-CASの2倍

4Kテレビに採用されたACASでは、暗号化に新たにAESとCameliaという方式が使われ、暗号鍵の長さもそれぞれ128ビットと、64ビットだったB-CASの2倍。さらに、B-CASではカードスロット式を採用したため、B-CASカードのデータを外部カードリーダーで読み出し解析することが可能で、この点もB-CASの弱点といわれていました。

そのため、4KテレビのACASはカードスロットではなく内蔵チップ方式を採用。ACASチップは、テレビなどのメイン基板に直接実装することが推奨されました。ところが、電機メーカーから故障の対応が難しいという意見が上がったため、ACASチップ部分の交換が可能な方式に落ち着いたのです。

ちなみに、ACASで4K・8Kを含むNHKBS放送に表示されるメッセージを消去したり、WOWOWをはじめとする有料チャンネルを視聴する際には、ACASチップに割り振られた20桁の番号を利用して手続きを行います。このACAS番号は、テレビやレコーダーの設定メニューから画面に表示可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事