ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK受信料の3倍を請求される「割増金」対象は?

10月から施行された改正放送法に合わせて、NHK経営委員会は法律に新たに盛り込まれた「割増金」に関する規定を含む、受信契約の見直し案「日本放送協会放送受信契約」素案(NHK受信契約改正案)を公表しています。ここには、NHK受信料に関する割増金の適用範囲の拡大が盛り込まれています。


NHK受信料の3倍を請求される「割増金」対象は?

NHK受信料の割増金は合わせて3倍払う

これまでもNHK受信契約には、割増金自体の規定はありました。ただし、その適用は「支払いの不正」と「受信料免除の理由が消滅後に届け出をしなかった場合」に限られたものです。

しかし、今回のNHK受信契約改正案では、まず支払いの不正について虚偽の理由でNHK受信契約を解約または受信料免除を受けた場合、と明記されました。

NHK受信契約改正案によれば、NHK受信料の割増金は2倍で、正規に支払う受信料とあわせ3倍支払うことになります。割増金の対象となるNHK受信料は機器設置の翌月から受信契約締結の前月となっています。

NHK受信料の割増金が多額になる可能性

つまり、テレビを購入してアンテナに接続しNHKが視聴可能な状況で長期間、NHK受信契約を結んでいないと割増金の対象になってしまうのです。

現在のNHK受信料を基準とした場合、もし仮に5年間ほど受信契約を結ばずにBS放送を視聴し続けていた場合、最大で38万8500円と割増金が多額になる可能性があるのです。

ただし、NHK受信契約改正案の説明資料によると、割増金は「事由に該当する場合に一律に請求するのではなく、個別事情を総合勘案しながら運用していく方針」となっているため、必ずしも割増金が満額請求されるとは限りません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事