ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

8ch同時録画のTS抜きチューナー「PX-Q3PE5」

コピーフリーで録画できる「TS抜きチューナー」ブームは、2016年のアースソフト「PT3」の生産終了によって一区切りとなりました。しかし、それ以降も黙々とTS抜きチューナーをリリースし続け、業界を守ってきたのがPLEXです。8チャンネル同時録画対応のTS抜きチューナーの上位モデルを見ていきます。


8ch同時録画のTS抜きチューナー「PX-Q3PE5」

PX-Q3PE5はPX-Q3PE4の後継機で進化版

PLEX製品には、PCI Express接続のフラッグシップモデルとして8チューナー対応の「PX-MLT8PE」(2019年発売/27,800円~)がラインアップされています。

こちらは8チャネンル分の地デジとBS/CSの振り分けは自由ですが(地デジ×8も可)、内部USBケーブル接続が必要で、ロープロファイルにも非対応です。

「PX-Q3PE5」は地デジチューナー×4&BS/110度CS×4チューナー搭載で、同じ構成でUSBケーブル接続が必要だった「PX-Q3PE4」の後継機かつ進化版といえます。

PX-Q3PE5で多チャンネルの同時録画

内部USB接続が不要となったことで、PX-Q3PE4と機能的にはほぼ同一ながら、設定の煩雑さやUSBの相性問題などが解決されたメリットは大きいでしょう(内部的にはUSB2.0のデバイス×2個と同様の扱い)。

PX-Q3PE5の主要チップ構成はPCIe to 4PortUSB2.0コントローラー、moschip MCS9990CV、USBコントローラーがIT9305E×2、復調ICが東芝「TC90522XBG」×2、シリコンチューナーがRafaelMicro R850×4、RT710×4です。

多チャンネルの同時録画環境を構築するなら、PX-Q3PE5を選ぶ優先度は高いでしょう。実勢価格は29,800円となっています。(文/まりえん)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事