ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Netflixt好きはチューナーレスでNHK受信料節約

Netflixにどハマはまりする人が増えています。ついNetflixのドラマシリーズを毎日見続けてしまい、そういえば最近は放送中のテレビ番組を見ていないという人も少なくないでしょう。そうした場合、チューナーレステレビで十分という話になって、毎月支払っているNHK受信料を節約することができるのです。


Netflixt好きはチューナーレスでNHK受信料節約

NHK受信料不要のチューナーレステレビ

NHK受信契約は、NHKのテレビ放送が受信できる設備を設置した場合に結ぶ義務が発生します。逆にいえば、NHKのテレビ放送を受信するためのチューナーを内蔵しない「チューナーレステレビ」のみ所有している世帯は、NHK受信契約を結ぶ必要がないということ。NHK受信料を支払う必要がなくなります。

チューナーレステレビがパソコン用のモニターと異なるのは、テレビ本体にOSとしてAndroid TVが内蔵されている点です。さらに、チューナーレステレビはWi-Fiも内蔵するため、対応アプリがあればNetflixをはじめとする動画配信サービスがテレビ単体で楽しめるようになります。

とくに、Netflixについては、多くのチューナーレステレビが対応アプリを最初からインストール。すぐにNetflixアプリ上から配信中の映画やドラマを楽しめます。

Netflixの料金プランは2022年12月現在、料金が安い順に「広告付きベーシック」「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の4種類を用意。広告付きベーシックプランは、1時間あたり約4分の広告が挿入される代わり、料金は月790円と割安です。ただし、一部番組に視聴制限がかかってしまいます。

チューナーレステレビのNetflixプラン

ベーシックプラン以上になると、視聴中に広告が表示されなくなり、番組の視聴制限もなし。ベーシックプランは月990円で、広告付きベーシックプランと200円しか差がありません。

ただし、ベーシックプラン以下の場合は画素数が最大1280×720ピクセルまでという制限があるため、作品によってはより高画質で楽しみたくなることも…。その場合はスタンダードプランを選ぶ方が有利で、画素数が1920×1080のフルHD対応になほか、1IDで同時に2台の端末で利用できます。

スタンダードプランの上にあたるプレミアムプランでは、1IDで3台同時視聴が可能なほか、3840×2160ピクセルの4K画質にも対応。Netflixの場合、映画・ドラマの最新作は4K画質で配信されることも多く、より高画質で楽しみたいのであればプレミアムプランを選ぶことになります。

とはいえ、現在格安で販売されているチューナーレステレビの場合、深いコントラストを表示するための「HDR」や、Dolby Atmosなどのサラウンド機能が省かれているモデルが大半です。そのため、Netflixのプレミアムプランをフル活用したい場合は、チューナーレステレビより高級なモデルを選ぶほうがよいでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事