ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

付属レールが短すぎるカプセルプラレールの世界

1959年の発売以来、長きにわたって支持され続ける「プラレール」ですが、その小型版がカプセルトイとして販売されています。その名も「カプセルプラレール」、略して「カププラ」。カプセルには車両1台とレールや付属品が同梱されていて、複数個購入してつなげることで、実際にレールを走らせられるのです。


付属レールが短すぎるカプセルプラレールの世界

カプセルプラレールは車両の長さが5cm

ただし、カプセルプラレールは車両1両の長さが5cmなのに対し、付属するレールは6cmと短め。長いレールで走行する姿を楽しみたいなら、ネットオークションなどで追加購入する必要があるでしょう。

「カプセルプラレール DXシリーズ Train SUITE 四季島編」は、JR東日本が運行する周遊型寝台列車「Train SUITE四季島編」を再現したのカププラ。価格は400円です。

LEDで光ったり、乗客フィギュアを乗せられたりと、車両ごとにギミックが備わっている設計。1車両5cmと小さいながら、特徴的な窓のデザインをしっかりと再現しています。

カプセルプラレールのセットが出品

大きな窓を配置したラウンジスペースの展望車はLEDライトが光るギミック付きです。このカププラを動かすには、モーターを搭載した「客室車両」が必須。これが出るまで回し続けなければいけないわけです。

Amazonなどではコンプリートセットが売られているので、無駄な出費を避けたいならネットでまとめ買いするのも手。ガチャガチャを回す楽しみとトレードオフにはなりますが…。

「カプセルプラレール出動!検測&保線車両編」は、ドクターイエローやイーストアイなどの検測車をまとめたシリーズ。車両とレールに加え、踏切などもラインアップしていて、カププラを存分に堪能できます。価格は200円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事