ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソーのプチ電車をプラレールで走らせる改造

100均ショップ・ダイソーの「プチ電車」シリーズを、タカラトミーのプラレールで走らせる改造が一部で流行中。プチ電車をプラレールで走らせる改造はまずは軌間の調整から。軌間を広げるだけだと、カーブで車輪が邪魔をし脱線してしまうので、車輪を間引くのがポイントです。


ダイソーのプチ電車をプラレールで走らせる改造

ダイソーのプチ電車とプラレールの幅

ダイソーの「プチ電車」シリーズは「かがやき」や「はやぶさ」などの新幹線も揃う本格派。ドクターイエローまでラインアップされているほどです。そんなプチ電車を本家プラレールで走行できるように改造しましょう。

改造したのは、プチ電車ドクターイエローの先頭車・駆動車・後尾車。それぞれ108円です。プラレールのドクターイエローはライト付きモデルで実勢価格2,432円。プチ電車シリーズなら324円で揃えることができます。

ここでプチ電車のレール幅は2cm、プラレールの幅は2.7cmと互換性がありません。プチ電車シリーズをプラレールに乗せても、車輪の幅が狭いため、レールにははまらないのです。

ダイソーのプチ電車がプラレール走行

そこで、まずは軌間と呼ばれる、車輪の幅を調整する必要があるのです。まずはラジオペンチを使って、プチ電車の車輪の幅を広げます。

さらに、プチ電車をプラレールで走らせるには先頭車と後尾車は中央の4輪を、中間駆動車は外側の4輪を間引くことがポイント。車輪を間引くことで、カーブでも引っかからずに走行できるようになります。

これでダイソーのプチ電車をプラレールで走行可能になりました。車輪を間引くことで結果的に軽量化できるので、安定走行につながります。これで手持ちのプラレールのレールを活用してプチ電車でも遊べるようになるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事