ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

政府専用機の航空無線はVHF帯とUHF帯どっち?

民間機が使用するエアーバンドは、割当て周波数がVHF帯にあるので「VHF帯エアーバンド」と呼ばれます。軍用機の航空無線の主な割当て周波数帯は、UHF帯であることから「UHF帯エアーバンド」と呼称。それでは、航空自衛隊が管理・運用を行っている政府要人に使用される政府専用機はどちらの航空無線を使うのでしょう。


政府専用機の航空無線はVHF帯とUHF帯どっち?

政府専用機はボーイング747が退役

長年運用されていたボーイング747が2019年3月に退役し、ボーイング777の新しい機体の運用が始まった政府専用機。航空自衛隊が運用にあたっており、北海道の千歳基地にベースとなるハンガーがあります。

航空自衛隊が運用しているとはいえ、機体は旅客機そのもの。航空管制に関しては、民間機と同じようにVHF帯エアーバンドの周波数を使用する場面が多く見られます。

千歳基地の航空祭では、政府専用機の航過飛行が目玉の1つになっていますが、所属する戦闘機の管制はUHF帯エアーバンドを使用するのに対して、政府専用機だけは民間の航空機と同じVHF帯エアーバンドを使用しています。

政府専用機が使用するコールサイン

航空自衛隊の部隊なので、部隊内で連絡を取るためのボールチャンネルも設定され、こちらはUHF帯エアーバンドを使用。千歳基地での訓練時に聞こえたり、要人が搭乗している任務中に使用することもあります。最も頻繁に使われるのは、千歳基地航空祭の時かもしれません。

結論としては、政府専用機の機体は旅客機なので管制波はVHF帯エアーバンドがメインで、部隊内通信のボールチャンネルはUHF帯エアーバンドが割当てられています。

ちなみに、訓練などで使用する「シグナス11/12」というコールサインは、実務中は「ジャパンエアフォース+数字」に変更されます。新しい政府専用機が実務に就いた時のコールサインがどうなるかも注目です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。