ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ

新幹線の指定席料金はバカになりません。東京~新大阪間なら自由席特急券と指定席特急券の差額は630円にもなります。とはいえ、自由席には座席の争奪戦がつきもの。そこで、新幹線自由席の座席確保の確率を上げるノウハウを紹介しましょう。それは偶数号車に並ぶことです。



スポンサーリンク
新幹線自由席は偶数号車に並ぶ

新幹線自由席は号車で座席数が違う

新幹線「のぞみ」の自由席は1~3号車、「ひかり」は1~5号車です。どの車両も同じ座席数かと思いがちですが、実は10席以上も違っているのです。

1号車には運転室があるため座席数が最も少ない車両。そして奇数号車にはトイレなどが設置されるため、座席数が減ります。

例えばN700系の座席数を見てみましょう。運転席とトイレのある1号車の座席数は65席、またトイレがある3号車の座席数は85席になります。

新幹線自由席は偶数号車に並ぶ

一方、トイレなどが設置されていない2号車は、そのほとんどが座席で埋められている車両。座席数は100席です。1号車と比べると2倍近い座席数の違いがあります。

なので、自由席車両に乗車する際は、座席数の多い偶数号車の乗降口に並ぶのが正解です。これだけで座れる確率がグッとアップします。

ちなみにN700系の場合、座席の間隔は普通車1,040mmのところ、1号車と16号車は形状の兼ね合いから1,023mmとか。この意味でも、新幹線自由席では1号車はあまり選ばないほうがよいかもしれません。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

■「新幹線」おすすめ記事
新幹線はパックツアーでホテル代がタダになる
新幹線に安く乗る!特定特急料金をフル活用
新幹線こだまなら東京~新大阪がほぼ1万円
京都までの新幹線が5千円以上も安くなる方法
青春18きっぷの使い方が北陸新幹線で難易度UP
週末パスなら新幹線で現地入り&ローカル線攻略
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
東海道新幹線の料金が金券ショップより安くなる

■「座席」おすすめ記事
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事