ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

世界中の飛行機の動きを追えるマニアックアプリ

飛行機の現在地や飛行状態、機体データなどが次々と表示されるスマホアプリが「Flightradar24フライトトラッカー」。世界中のほとんどのエリアをカバーしているのですから驚きです。エアーバンドを受信することなくスマホで飛行機の動きを追いかけられるマニアックアプリの仕組みを見ていきましょう。


スポンサーリンク
世界中の飛行機の動きを追えるマニアックアプリ

飛行機の位置を把握できるアプリ

Flightradar24はエアーバンドのデータ通信「ADS-B」を利用して、飛行機の現在位置を把握できるアプリです。ADS-Bは「Automatic Dependent Surveillance-Broadcast(放送型自動従属監視)」の略です。

航空管制で使用されるレーダー(SSRモードA/C/S)は、地上から送信された質問信号(1030MHz)に対して、自機に設定されたコードと高度の情報を含んだ応答信号(1090MHz)を送信。地上局は、アンテナの向きと質問信号と応答信号の時間差を使って位置を割り出しています。

これに対してADS-Bは放送型で、常に自機のモードSコードやGPS情報などを送信し続けているのです。周波数はSSRの応答信号と同じ、1090MHzを使用しています。この電波を受信して、データに含まれている情報を表示するPCソフトは、既にいくつもリリースされています。

この情報を世界中から集約し、地図に表示させて公開しているアプリがFlightradar24なのです。世界各国の有志がADS-Bを受信し続け、データをインターネットを通じてFlightradar24へフィードしているから、世界中を飛んでいる飛行機の位置をリアルタイムで知ることができるのです。

飛行機アプリに表示されない機体

Flightradar24のアプリは、すべての飛行機を表示しているわけではありません。ADS-B送信機が搭載されていない機体の存在が1番の理由。海外ではADS-Bの搭載が義務化されている国もあるようで、国際線の飛行機はほとんどが表示されます。国内線の飛行機は航空会社にもよりますが、表示されない機体もたくさんあります。

実はADS-Bを送信していても、アプリには表示されない飛行機も存在します。日本国内ではそれが政府専用機です。以前は普通に見られていたのですが、全国紙が問題視する記事を掲載してから、表示がブロックされるようになりました。

そして何より、ADS-Bの受信データをフィードしている人の存在が最大のポイント。日本国内では、大都市は多くの人がフィードしているので、安定して表示されます。また、高高度を飛ぶ機体なら300km程度は電波が飛ぶため、エンルートを飛行中の機体ならほぼ問題なく表示されるはずです。

一方、近くにフィードしている人がいない島嶼部の空港に離着陸する機体は、残念ながら見ることができず、途中で消えてしまいます。

■「飛行機アプリ」おすすめ記事
飛行機の動きがすべて分かるマニア御用達アプリ

■「飛行機事故」おすすめ記事
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
飛行機墜落事故では後方座席が最も安全だった

■「座席」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事