ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ホームセンター乾電池を買うならジョイフル本田

多くのホームセンターがプライベートブランド(PB)を展開しており、オリジナルの乾電池もラインアップしています。いずれも大手ブランドの乾電池の半額程度で売られていますが、気になるのは実際の性能でしょう。そこで、安くて高品質なホームセンター乾電池はどこかを実測して比較してみました。


ホームセンター乾電池を買うならジョイフル本田


ホームセンターPB乾電池を5社で比較

ホームセンターの売上上位に君臨する大手の中から、PB乾電池を販売する5社をピックアップして、単3形乾電池の性能を比較しました。ホームセンター5社はジョイフル本田、コメリ、ナフコ、カインズ、コーナンです。

ホームセンター乾電池は、放電テストによる終止電圧到達時間やグラフの推移(8本の平均値)、実測容量、1本あたりの価格などから、ベストバイとなる1本を決めました。

計測はハイパワー機材で使うことを前提とした1A放電で行います。アルカリ1次電池の終止電圧は0.9V。これはJISC8511にて設定されているので、ここを下限としました。


ホームセンター乾電池のベストバイ

また、比較対象として、パナソニックのアルカリ乾電池も実測。通称「金パナ」のロングセラー乾電池です。指標として測定したところ、実測容量も終始電圧到達時間もNo.1でした。ただし1本あたりの価格も80.5円で一番高価です。

そして、ベストバイとして選んだホームセンター乾電池はジョイフル本田。実測容量自体はコメリに次ぐ2位で、初期パワーはやや抑えめながら粘り強い放電特性を見せています。1本あたりの価格は55.95円です。

製造元はFDKと書かれていることやグラフの特性から、中身はFDKプレミアムと推測されます。店舗数が少なくECサイトを持たないのがネックですが、立ち寄った際は入手してみるとよいでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • 安くて高品質なホームセンター乾電池はどこだ?
    安くて高品質なホームセンター乾電池はどこだ?

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次