ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

一般の自動車用ETC車載器はバイクで使えるか?

ETC利用で欠かせないETC車載器には、一般的なクルマで使うもののほか、バイク専用モデルも販売されています。バイク用ETC車載器はバイク用品店などで購入できますが、クルマ用の安いモデルと比べると1万円ほど高いことがほとんど。それでは、クルマ用ETC車載器はバイクに取り付けて使えるのでしょうか。


一般の自動車用ETC車載器はバイクで使えるか?

バイクのETC利用は軽自動車等に区分

ETCを自動二輪車で利用する場合、料金上「軽自動車等」に区分され、料金上は軽自動車と同じになります。カー用品店で売られているETC車載器は、普通車だけでなく軽自動車用のセットアップにも対応しているので、これをバイクに取り付けて「軽自動車等」として利用することもできそうに思えます。

実際、ETCの利用規程には自動二輪車で専用のETCを利用すること、といった内容はありません。しかし、セットアップでは普通車や大型車と自動二輪車では異なる書類やシステムが使われているため事実上、普通車用のETC車載器をバイクで使うことはできないのです。

その理由について、ITSサービス高度化機構は「四輪車用の車載器を二輪車に設置することは、防水性・防塵性・耐振動性の確保が不十分なため、誤作動を引き起こし通信エラーとなり開閉バーが開かないなどの危険性が高まります」と説明しています。

バイクのETC車載器は住所・氏名を登録

確かに、ETC車載器は料金所などにあるETCゲートで無線通信を行う関係から、最低限アンテナ部分をゲートから見える場所に設置する必要があります。そのため、防水性能がない普通車用のETC車載器では、雨の際に誤動作が起きる可能性は高くなります。

ちなみに、バイク用のETC車載器はセットアップ時に車載器側へ個人情報が登録される仕組み。その理由は「安全に関するお知らせの送付や開閉バーが開かない場合や閉じる場合等の緊急時にお客さまが安全な場所に退避された際に円滑かつ適正に料金をお支払いいただくため」とのことです。

自動二輪車の場合はETCゲートが開かなくても簡単にすり抜け可能なので、その対策とも読める説明ですが、ETC車載器側に住所・氏名が登録されていることは間違いありません。そこで、普通車と違い住所が変わったりETC車載器付きで自動二輪車を売却した際には変更手続きが必要になるので注意が必要です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事