ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC料金がもっとも安い高速区間を検証した動画

高速料金といえば、無料区間を除けば最低でも1回数百円はかかると思われがちです。ところが、日本国内の高速料金がETC限定で100円を切る区間もあり、それを実際に走り検証した動画が人気を集めています。はたして、もっともETC料金が安い高速道路の区間はいったいどこに存在し、どのような走行をすれば実現するのでしょうか。


ETC料金がもっとも安い高速区間を検証した動画

ETC限定で実現できる激安料金の動画

ETC利用限定で、100円を切るもっとも安い高速料金を支払う様子を動画で紹介しているのはYoutube内にある「たけちよ倶楽部」というチャンネル。「【激安】高速道路の日本最短区間を走行!気になる通行料金は?」というタイトルで公開中です。

「たけちよ倶楽部」は、山中竹千代さんが運営する、日本や海外で面白いルートの旅行を紹介するYouTubeチャンネル。過去には、JR以外の公共交通機関だけで東京~名古屋を移動する、ホンダ・スーパーカブを満タンにすると東京からどこまで走れるのか、といった動画が再生回数を集めているようです。

YouTube動画「【激安】高速道路の日本最短区間を走行!気になる通行料金は?」で走行した区間はどこなのかはネタバレを避けるため紹介しません。ヒントとしてはタイトルと違い最短区間ではないこと、ETC限定であること、特別な通行料金設定の組み合わせで実現しているという点です。

高速料金がETC割引となるサービス

ETC限定で高速道路の通行料金が割引となるサービスでは、休日割引・深夜割引が有名です。休日割引は深夜割引時間帯を除く土日休日、深夜割引は毎日0~4時の走行について、それぞれ通行料金が30%オフになります。休日割引は「軽自動車等」「普通車」のみなのに対し、深夜割引は全車種対象というのが違いです。

「【激安】高速道路の日本最短区間を走行!気になる通行料金は?」では、この休日割引または深夜割引の利用に加え、ある特例が適用される区間を走行します。というのも、高速道路を走行する場合、通常は1回あたりの利用料金または最低料金が発生しますが、動画で走行した区間は特例でこの利用料金が免除になっているのです。

例えば、首都高速や阪神高速には1km未満の走行区間がありますが、いずれも1回あたり300円の最低料金がかかるため、100円以下の通行料金にはなりません。いったい日本全国のうちどの高速道路区間を走行したのか、またどのような走行方法だったのかは、実際の動画でチェックしてみてください。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事