ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新登場「首都高ETC専用料金所」ETCがない時は?

この3月から、首都圏の一部料金所がETC専用となり、現金やクレジットカードでの支払いができなくなります。そこで気になるのが、ETCカードを忘れてETC専用出口に入ってしまった場合。首都高速の料金所にはUターンやバック用の設備がないため一般道に戻ることは不可能。この場合、どのように対応すればよいのでしょう。


新登場「首都高ETC専用料金所」ETCがない時は?

首都高の料金所34か所がETC専用化

首都高速は、2022年3月1日から5か所、4月1日からの29か所の料金所をそれぞれETC専用化する予定です。すでにETC専用となっていた横浜北西線の馬場入口と合わせ、35か所の料金所で現金やクレジットカードでの支払いができなくなります。

これまでも、ETC専用のインターチェンジとして、NEXCO3社が運用するスマートICが全国各地に設置されてきました。しかし、スマートICの場合は係員が配置されている場所がほとんどで、ETCをそもそも利用できない自動車の進入や、ETCカードの読み取りトラブルなどに対応しています。

ところが、首都高速によると今回ETC専用となる予定の料金所は無人となり、ETCを利用できない車両は新たに設置される「サポート」レーンへ誘導し、インターホン越しに係員が対応するとのことです。さらに、このリモート対応時はクレジットカードによる通行料金の支払いはできません。

首都高ETC専用料金所にETCなしで進入

それでは、ETCなしで首都高速のETC専用料金所に進入してしまった場合、どのように通行料金を支払うのでしょう。この点を首都高速に確認したところ、料金は後日精算する仕組みで、支払い方法が書かれたチラシをサポートレーンに置き、その指示に従ってもらうとのことです。

後日精算の支払い手段については、首都高速では現金・ETCカードによる方法を予定しており、現金の受け渡し方法については現在未定で、3月1日までに決定予定とのこと。また、ETCカードによる決済については、首都高速Webサイト内にある「首都高ETC課金(訂正)フォーム」を利用して行うそうです。

なお、すでにETC専用となっている馬場入口については、現在はETCなしで進入した車両についてはナンバープレートと運転免許証を入口カメラで確認。後日、現金で精算を行う仕組みが取られていますが、2022年3月1日以降は他の入口と同様の精算方法に変わるとのことです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事